2017年10月12日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第45話『ほしぐもパニック!テレポートは突然に!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第45話『ほしぐもパニック!テレポートは突然に!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト

 

サトシが、ほしぐも(コスモッグ)を連れて登校していると、ロケット団に見られてしまいます。

 

ほしぐもが珍しいポケモンだと直感したコジローは「あれはドガースの進化前、プチドガースだ!」と勘違いをし、どうやって捕まえようか悪だくみをしていました。

 

そんなこととは知らず、サトシは教室で粘土づくりに挑戦していました。

 

すると、スイレン、カキ、マーマネが順番に消えては出てくる不思議な現象が起こります。

 

その原因は、ほしぐもが『テレポート』を使っているからでした。

 

その矛先がサトシとピカチュウに向けられると、アローラにやってきていたプリンの目の前に出てしまいます。

 

プリンは、いつも通りに歌を披露し、眠ってしまったサトシたちに腹を立てて落書きをします。

 

そして、ほしぐもが次に移動したのは、なんと悪だくみをしていたロケット団の目の前でした。

 

ほしぐもは捕まってしまいますが、『テレポート』でキテルグマの巣穴に移動してしまい、ロケット団はそのまま連行されてしまいます。

 

ほしぐもは『テレポート』でサトシのもとへ戻ると、疲れてスヤスヤと眠ってしまいました。

 

色々な場所に移動したことで、少しだけ成長することができたようです。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第45話の感想

序盤のコスモッグとモクローのやり取りが可愛かったですね。

 

あと、リーリエがコスモッグを泣き止ませるために変顔を披露しましたが、視聴者には見えないようになっていました。

 

しかし、サトシたちのリアクションが見ると、世にも恐ろしい変顔だったのかもしれません・・・、

 

そして、プリンが使っているマジックペンの長持ちが凄いですよね。それとも、わざわざ買い替えているのでしょうか?

 

さて、来週の第46話は『変身メタモン、探すんだモン!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る