『出典・ポケットモンスター公式サイト

 

2017年8月3日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第36話『ライチの大試練!一番ハードなポケモン勝負!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第36話『ライチの大試練!一番ハードなポケモン勝負!!』の内容

ついに、サトシはライチの大試練を受けることができます。

 

手に入れた『クサZ』をZリングにつけ、いざ決戦のときです。

 

すると、サトシがポケモンを選ぶ前にイワンコがバトルに出てしまいます。

 

イワンコはいきり立っているようで、落ち着きがありません。

 

しかし、サトシはそのやる気を買ってバトルに参加させることにします。

 

ライチはダブルバトルを申し出てきたので、さらにモクローを繰り出します。

 

ライチは、ルガンガン真昼の姿とダイノーズをモンスターボールから出し、バトルが始まります。

 

2VS2のバトルのように見えましたが、ダイノーズは3体のチビノーズを操り、事実上5匹での総攻撃を仕掛けてきました。

 

さらに、『ステルスロック』でフィールドを固められたことで、イワンコとモクローは身動きが取れない状態となります。

 

「だったら、空を飛べば当たらないぜ!」というサトシらしい無茶苦茶な作戦により、モクローにぶら下がったイワンコで反撃に出ます。(本来は、『ひこう』タイプにこそ大ダメージとなる技が『ステルスロック』です)

 

さらに、100%の命中率であるはずのZワザ『ワールズエンドフォール』に対して、サトシは「避けろ!」とモクローに指示します。(それをこなしてくれるモクロー・・・)

 

そのおかげで、『こうそくスピン』でしか消滅しないはずの『ステルスロック』は粉々となり、サトシたちのほうが有利となります。

 

ところが、モクローの『ブルームシャインエクストラ』でダイノーズを倒し、その勝利がほぼ確実となったタイミングでアクシデントが起こります。

 

なんと、連携プレーのために近づいたモクローに対して、イワンコが『かみつく』をしてしまい、戦闘不能となってしまうのです。

 

しかし、サトシはイワンコを叱ることなく、『いわおとし』を教えた時のようにお尻を突き出して「オレも一緒に戦うぜ!」とエールを送ります。

 

そのおかげで、イワンコはひるむことなくルガンガンを倒すことができ、見事、ライチから『イワZ』を授かることができました。

 

ライチは「もしかすると、進化する前触れかもしれない」と攻撃性が高くなっているイワンコを見ながら、サトシにアドバイスしました。

 

サトシが頷いたとき、輝く鱗粉が空から降ってきました。

 

空を見上げると、カプ・テテフが横切っていくのが見えました。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第36話の感想

今回は、サトシの暴走が止まらない回となりました。

 

『ステルスロック』の破壊、Zワザを避けるという無茶苦茶な指示をこなすモクロー・・・ただ者ではありませんね。

 

そもそも、イワンコを掴んだ状態で『このは』も発動していたので、大試練を突破できたキーマンであることは間違いないでしょう。

 

今後、モクローも進化するのかが気になるところですね。

 

さて、来週の第37話は『イワンコといのちの遺跡の守り神!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る