ポケットモンスターサン、ポケットモンスタームーンの本編をダウンロードするとき、3.2GBの容量が必要なことが判明しました。

 

ダウンロード版を購入される方は、今のうちにSDカードを用意しておかなければなりません。

 

スポンサーリンク

ポケットモンスターのROM容量

3DS以降、ポケットモンスターのダウンロード版のROM容量が話題に上がるようになりました。

 

何故なら、ROM容量=ゲームのボリュームを意味するからです。

 

以下の結果を見ると、サンムーンに力を入れていることが分かります。

 

ポケットモンスターX・Y

1.7GB

ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア

1.8GB

ポケットモンスターサン・ムーン

3.2GB

スポンサーリンク

特別体験版をダウンロードする場合の注意点

10月18日(火)に、サンムーンの特別体験版が『ニンテンドーeショップ』で配信されます。

 

ただし、本編をダウンロード版で購入する予定の方は、お持ちのSDカード容量を確認しておきましょう。

 

3DS本体に付属されているSDカードは、4GBとなっています。

 

つまり、本編のダウンロードに必要な容量は3.2GBで、すでに残り800MBです。

 

サンムーンの特別体験版をダウンロードするには、400GBの空きが必要なので、サンムーン関連だけで3.6GB使うことを意味します。

 

他のゲームソフトをダウンロードしていた場合、確実に容量がオーバーします。

 

特別体験版のサトシゲッコウガを本編に連れていくためには、1つのSDカードに特別体験版と本編のデータが入っている必要があります。

 

なので、今のうちに8GB以上のSDカードを購入しておきましょう。

 

なお、サンムーンをカセット(ROM)で購入される方は、4GBのSDカードでも大丈夫です。

 

3DSのブロックについて

3DSに入っている不要なソフトを消しておく方のために、3DSの空きブロックについて説明しておきます。

 

1ブロックは、約128KBとなります。

 

つまり、サンムーンの特別体験版は400MBなので、3100ブロックの空きが必要となります。

 

また、サンムーンの本編は3.2GBなので、25000ブロックの空きが必要となります。

 

計算が苦手な方や不要なダウンロードソフトがない方は、8GBのSDカードを用意しておくべきでしょう。

 

サンムーン体験版の攻略ページに移動する

 

サンムーン最新情報の一覧に戻る

スポンサーリンク