2017年4月27日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第24話『アローラ!初めての授業参観!!』の内容と感想の記事になります。

 

なお、この回からエンディングテーマ『ポーズ』のZワザが『こおり』『どく』『エスパー』『ノーマル』に変更となっています。

 

スポンサーリンク

第24話『アローラ!初めての授業参観!!』の内容

明日のオープンスクール(誰でも学校に入ることができる授業参観のようなもの)で、サトシはアローラのポケモンの生態について発表することになりました。

 

アローラとカントーのポケモンの生態が違うことを肌で感じることができる生徒は、サトシしかいないからです。

 

しかし、勉強が苦手なサトシにとっては頭を抱える問題でした。

 

しかも、カントーからママとバリちゃん(バリヤード)もやって来たため、よりプレッシャーでした。

 

すると、ロトムが代わりに発表することを提案します。

 

なんと、ロトムの図鑑機能が再び拡張し、『ボイスサンプリング機能』が追加されていました。(つまり、サトシの声で喋ることができる)

 

当日、サトシはロトムを背中に隠し、あたかも自分が発表しているようにしたのです。

 

ところが、喋りたがりのロトムは調子になり、サトシでは分かり得ない難しい言葉を使い始め、更には喋るスピードも人間を超えてきました。

 

最終的に語尾が「~ロト!」になってしまったため、ククイ博士に不正を発覚されてしまいます。

 

「サトシの言葉でいいんだ。アローラに来て感じたことをそのまま話せよ」

 

ククイ博士にそう言われると、サトシは気が楽になりました。

 

難しい言葉は必要ない。ただ、アローラにきて出会うことができたモクロー、ニャビー、イワンコ、そしてカプ・コケコとのバトルに「毎日、ワクワクしてるんだ」とサトシらしい言葉で表現しました。

 

その時、校庭が騒がしくなりました。

 

なんと、スカル団の3人がやってきたのです。

 

すると、サトシのママが先頭を切り、スカル団の前に立ちふさがります。

 

すっかりニャビーを手なずけていたママは、的確な指示でズバットを追い払います。

 

ようやく追いついたサトシとピカチュウは、『スパーキングギガボルト』でダストダスやヤトウモリを撃退します。

 

息子の成長ぶりを垣間見たママは安心したようで、そのままカントーへと帰っていきました。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第24話『アローラ!初めての授業参観!!』の感想

サトシのママ、風来坊のニャビーを手なずけていましたね。

 

ポケモンのニックネームを『ちゃん』付けにする癖も相変わらずのようです。

 

また、授業参観にはグラジオやルザミーネの姿はありませんでした。

 

ちょっと期待していたのですが、やはり登場はもう少し先のようです。

 

さて、来週の第25話は『クリスタル争奪戦!!ロケット団対スカル団!!』です、お楽しみに▼

【サン&ムーンアニメ】第25話の感想!クリスタル争奪戦でミミッキュが仕事をする

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク