ポケモンコマスターでリニューアルされた『リーグマッチ』。

 

『リーグマッチ』で勝利すると、報酬としてタイムトレボをゲットできます。

 

中にはフィギュアが複数入っており、インターネット対戦の楽しみが増えました。

 

しかし、タイムトレボには1点、落とし穴があります。

 

スポンサーリンク

タイムトレボ解説

タイムトレボは、時間の経過によって開封されるトレボです。

 

タイムトレボには種類があり、白、青、紫、金、虹の順でレア度が高くなります。

 

レア度の高いトレボほど種類が豊富になり、RフィギュアやEXフィギュアが当たりやすくなります。

 

その反面、開封するのに時間を要します。

 

白では1時間、虹だと1日かかります。

 

タイムトレボの開け方

ゲットした順に開ける方、レア度の高い順に開ける方がいると思います。

 

残念ながら、それはタイムトレボを効率よく開封する手法とは言えません。

 

タイムトレボを所有できる数は、3つまでとなっています。(ケースを購入することで、1つだけ加算される)

 

3つしかタイムトレボを所有できないので、タイムトレボを消化していないと4戦目以降は無駄になります。

 

なので、できる限りレア度の低いものから開封していきます。

 

こうすることで、タイムトレボを効率よく消化できます。

 

1日1回のみゲットできるキートレボの開封だけを目的として『リーグマッチ』をプレイされている方は、もっとも効率よくタイムトレボを開封することができます。

 

まず、キートレボに必要な『キーのかけら』は10個です。

 

3勝1敗でゲットできる計算なので、まずは3勝します。

 

すぐに4回目をせず、レア度の低いタイムトレボを開封させて、いったん終了します。

 

そのタイムトレボが開封後、次の対戦を行います。

 

キートレボをゲット後、もう『リーグマッチ』はしないと思った時点で、ようやくレア度の高い、金や虹のトレボを開封するのです。

 

こうすることで、寝ているうちに時間が経過し、開封時間の効率化を狙うことができるのです。

 

スポンサーリンク

虹は効率よくEXポケモンをゲットできるのか?

1日かけて開封することができるタイムトレボ虹は、確定Rフィギュアの他、フィギュア×2、素材フィギュア×2をゲットできる最高級のトレボです。

 

では、タイムトレボ青と比べて、どちらがユーザーにとってお得なのでしょうか?

 

答えは、タイムトレボ青です。

 

青は3時間で開封できるため、虹と比べて8回も開封することが可能なのです。

 

8回もガチャができれば、1体はRフィギュア以上が確実に出ます。

 

更に、8回分の素材フィギュア(インゴットレアメタルキューブ)もゲットできるので、フィギュアを強化することも可能です。

 

タイムトレボの色はランダムなので、入手できるレア度は時の運ですが、必ずしもタイムトレボ虹がラッキーであるとは限らないようです。

 

関連記事

タイムトレボ赤とは?進化セット同封

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク