ドリュウズとエンペルトは、エントリーポイント詰まりでもフィールドに出撃できるフィギュアです。

 

2体は似ているようですが、その能力も特性も少し異なります。

 

スポンサーリンク

ドリュウズとエンペルトの違いを解説

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

ドリュウズエンペルトの特性は同じように見えますが、少しだけ異なります。

 

まず、エンペルトの特性『ダイブエントリー』は、ベンチから移動するときにエントリーから1歩離れた場所に移動できます。

 

これは、裏を返せばそこしか移動できないことになります。しかもターンエンドになるため、攻撃を仕掛けることはできません。

 

一方、ドリュウズの特性『トンネルこうじA』もまた、エントリーから1歩離れた場所に移動できる効果となります。

 

ただし、この特性は発動するかどうかを選ぶことができます。

 

つまり、ドリュウズは普通にMP移動でベンチから出ることも可能です。その場合は相手に攻撃を仕掛けられるので、ゴール前の防衛もしっかりと行うことができます。

 

そして、これこそドリュウズの強みでもあります。

 

ドリュウズは『あなをほる★★』を持っていますので、成功すればゴールを塞ぐように相手の前に出ることができるのです。

 

つまり、ドリュウズのほうがゴールを守る点では優れているといえるでしょう。

 

起死回生のドリルライナー

ドリュウズの強みは、他にもあります。

 

それは、『ドリルライナー100』です。

 

『ドリルライナー100』で相手を気絶させると、その場所に移動することができます。

 

これを相手のゴールキーパーに決めれば、1ターンで勝負を決めることもできるのです。

 

もちろん、普通に攻撃しても倒せない環境ではあります。

 

なので、『スピーダー』のプレートを利用すると良いでしょう。

 

ドリュウズのダメージワザは白ワザ1つのみですので、高確率で金ワザを発動することができるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ドリュウズはレア度がRなので、エンペルトよりも入手しやすいという利点もあります。

 

現在はメガルカリオが人気なので、一緒に採用すれば金ワザから身を守ることもできるでしょう。

 

ぜひ、ドリュウズを採用してみてはいかがでしょうか。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク