『はねろコイキング』をプレイした感想を紹介します。

 

また、プレイ中に思った疑問点も加えて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

はねろコイキングの感想

『はねろコイキング』は、育成をメインとしたスマホアプリです。

 

単純操作で難しいテクニックも必要としないので、未成年でも、女性でも気軽に楽しめるゲームとなっています。

 

コイキングの模様集め、『たべもの』や『とっくん』のランクアップ(強化)などのやり込み要素もあり、暇つぶしには最適な作品だといえるでしょう。

 

それこそ、ポケモンGOでポケモンが出ない時(職場や学校など)、『はねろコイキング』で時間を潰すことができるので、ポケモン好きには魅力的なゲームだと思います。

 

ただ、ゲーマーのような徹底的に攻略していくことが好きなユーザーには、少しボリュームが乏しく感じるかもしれません。

 

とはいえ、『はねろコイキング』は課金要素であるダイヤもそれなりに回収することができるため、キッズにも勧めることができる健全なゲームだと思います。

 

主人公スパルタ疑惑浮上?

ここからは、『はねろコイキング』をプレイして疑問に思ったことを紹介していきます。

 

1番最初に紹介したいのは、主人公が実はスパルタではないか?という疑惑です。

 

コイキングの『はねる』能力を上げるため、過酷な『とっくん』をさせることは、ここでは触れないでおきます。

 

それよりもびっくりしたのは、ランダムイベント『おさぼりコイキング』の内容でした。

 

コイキングが『とっくん』で手を抜いていたから叱る、というイベントなのですが、これがとんでもない状況で発生することがあります。

 

それは、コイキングが『とっくん』で超大成功を達成した時でもイベントが発生することです。

 

つまり、主人公は超大成功の結果でも満足せず、「お前、手を抜いていただろ?」と詰め寄るシーンになるのです。

 

中性的な主人公ですが、実はスパルタなのでは?と疑ってしまうイベントでした。

 

眠り続けるポケモンたち

主人公の性格は、『とっくん』の内容でも想像することができます。

 

それは、『イシズマイ押し』『ガントル押し』『フォレトス押し』です。

 

これらの『とっくん』内容とは、眠っているポケモンたちを『はねる』力で移動させるというものです。

 

もしかしたら、これを「眠っているポケモンを見つけて、『とっくん』に利用しているのかな?」と考えている方もいるでしょうが、それはおかしいと思います。

 

野生のポケモンが1匹だけぽつんとフィールドにいて、更に眠っているという状況は明らかに不自然です。

 

これもう、主人公が眠らせたとしか思えないわけです

 

これなら、コイキングが体をピチピチ当てているのに起きない理由も頷けます。

 

主人公は、コイキングを育成するためなら手段を選ばない可能性があるのです・・・。

 

『とっくん』の難易度

『とっくん』の難易度についても疑問があるゲームでした。

 

『サンドバッグ』がもっとも簡単な『とっくん』ということは、なんとなく理解できます。

 

ただ、1番過酷な『とっくん』が『モンスターボール飛ばし』というのは、どういうことでしょうか?

 

大木を折ることより、岩石を割ることよりも『モンスターボール飛ばし』がCPの上がる過酷な『とっくん』というのが、どうしても理解できないわけです。

 

そもそも、1回でも弾かれたモンスターボールは2度と使えなくなるはずなので、かなりもったいない『とっくん』であることも気になりました。

 

ちなみに、102kgの体重がある『ガントル押し』よりも、『ピンポン飛ばし』のほうが過酷らしいです・・・。

 

スポンサーリンク

きれいなボロのつりざおは絶対ボロくない

『いいボロのつりざお』『すごいボロのつりざお』は、なんとなくイメージできます。

 

ただ、『きれいなボロのつりざお』は日本語としておかしいので、どんなボロのつりざおなのか、まったくイメージできません

 

ここまで来たら、とんでもなくボロい印象を与える表現のほうが良かった気がします。

 

恋するラブカス

『はぐれラブカス』というランダムイベントがあるのですが、あれを見ているとコイキングのことが好きなのでは?と疑問に思ってしまいます。

 

何故なら、迷子になる確率が尋常ではないほど高いからです。

 

別個体という可能性も考えたのですが、毎回ダイヤを落としていくので、複数よりも1匹のラブカスと予想するほうが辻褄が合うのです。

 

コイキングに逢いたくて、わざとはぐれている気がします。

 

さすが、コイ(恋)キングといったところでしょうか。

 

ナゾのおじさんがお金持ちな理由

ポケモンシリーズに登場するナゾのおじさん。

 

気前よく『きんのたま』をくれる人物であり、明らかにお金持ちであることが分かります。

 

そして、『はねるコイキング』でその収入源が判明したのです。

 

それは、『はねる力セミナー』です。

 

これを開催することで、ブリーダーから受講料を巻き上げていたようです。

 

しかも、受講料を取るのは講義が難しくて理解できない人物のみを狙います。

 

ナゾのおじさん、かなり悪徳な人物だったようです・・・。

 

スポンサーリンク

関連記事

【はねろコイキング】クリア後のエクストラリーグ攻略は何世代で達成?クリア時間も紹介

【はねろコイキング】ゴージャスリーグ攻略のCPは何世代で到達?クリア時間も紹介

【はねろコイキング攻略】CPの上げ方などのやり方、遊び方まとめ

【はねろコイキング】ランダムイベントの種類や発生条件の成功と失敗の内容一覧

【はねろコイキング】コインを効率よく集める方法

【はねろコイキング】ダイヤを効率よく集める方法

【はねろコイキング】なかよしグッズのサポートポケモンの効果や入手方法一覧表

【はねろコイキング】ポケドロップを効率よく集める入手方法

【はねろコイキング】経験値でブリーダーランクを効率よく上げる方法

【はねろコイキング】デコレーションの効果や種類、入手方法

【はねろコイキング】リーグエイドなしでリーグポイントを回復させる方法

【はねろコイキング】ヤドンのスキル効果を指定したポケモンに使用する方法

【はねろコイキング】スーパーリーグ攻略のCPは何世代で到達?クリア時間も紹介

【はねろコイキング】特訓のメニューを狙って行い大量のCPを獲得する裏技

【はねろコイキング】模様の種類と捕獲率一覧表