2016年8月9日に、ポケモンGOで2度目のアップデートが行われました。

 

現在は手動なので、アップルストアからダウンロードしましょう。

 

スポンサーリンク

アップデート1.3.0の内容

運転中などの高速移動時のプレイ防止に注意画面を追加

時速が速いとアプリが感知した場合、注意画面が表示されるようになりました。

 

もちろん、OKを押すことになり、その画面を解除することができます。

 

ただし、それを押すべきなのは車の助手席やバスに乗っている方だけです。運転中のプレイは絶対にいけません。

 

Nice、Great、Excellent時のボーナス未発生バグの修正

本来なら、ナイスが10、グレートが50、エクセレントが100XPのボーナスが入ります。

 

しかし、バグにより、そのボーナスが発生していない場合があったようです。

 

それが改善されたので、今後はどんどん狙っていきましょう。

 

ナイス、グレートの出し方はこちらの記事で詳しく説明しています。

 

エクセレントの出し方はこちらの記事で詳しく説明しています。

 

実績メダルの画像の間違いを修正

興味がない方にはまったく分からない改善点ですが、『コレクター』の画像が『けんきゅういん』の画像にも使われていました。

 

今は、『けんきゅういん』のオリジナル画像が表示されています。

 

バッテリーセーバーの不具合を修正し、機能が復活

前回のアップデート内容では記されていませんでしたが、実はバッテリーセーバーの機能が削除されていました。

 

しかし、今回のアップデートから復活し、燃費の良いプレイを楽しむことができるようです。

 

やり方は、メイン画面の下にあるモンスターボールアイコンをタップした後、右上の設定アイコンをクリックすることで設定できます。

 

スポンサーリンク

トレーナーのニックネームの変更が手動で可能に

今までは、要請をしなければトレーナーのニックネームは変更できませんでした。

 

しかし、アップデート後は、自分で変更可能となりました。

 

やり方は、こちらの記事で詳しく説明しています。

 

チームリーダーのビジュアルをアップデート

ジムに参加する時に現れるキャンデラ、ブランシェ、スパークの画像がシルエットではなく、実物のイラストとなっています。

 

ただし、アップデート前にジムに参加してしまった方は見ることができないので、あまりお目にかかる機会はなさそうです。

 

また、ジムのやり方についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

 

ジムの実戦方法についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

 

近くのポケモンを探すための機能を一部のユーザー向けにテスト中。期間中、画像の変更あり

今回のアップデートで、もっとも注目されている部分です。

 

一般のユーザーには無縁の話のようですが、実際に『近くのポケモン』が『隠れているポケモン』に表記変更されていたり、その画像に草むらが表示されていたりと、なにやら興味をそそられる状態となっています。

 

もしかすると、次のアップデートには復活の予感もありそうですね。

 

ポケモンGOのトップページに戻る

スポンサーリンク