ポケモンGOでは、野生のポケモンとのバトルがない分、モンスターボールの投げ方が重要になってきます。

 

当たった角度によって、貰えるXPが変わってくるからです。

 

スポンサーリンク

モンスターボールの投げ方

ポケモンが出てきたら、モンスターボールを投げます。

 

投げ方は、表示されているモンスターボールを上から押さえるように指を置き、ポケモンに向かってスワイプします。

 

その強弱で、距離が決定します。

 

こればかりは慣れるしかありませんので、練習していきましょう。

 

また、投げる方向を左右にすると、その方向に向かって飛んでいきます。

 

基本は、真っすぐ投げるように指をスワイプしましょう。

 

『ナイススロー』の出し方

出し方というよりは、投げたらほとんど『ナイススロー』判定となります。

 

正確に説明すると、白い輪の中にある色つきの輪にボールが入ると『ナイススロー』となります。

 

ボーナスとして、10XPを貰うことができます。

 

『カーブボール』の出し方

こっちのほうが『ナイススロー』より難しいです。

 

ボールを掴んだ時、指を回すとボールが回転します。

 

『カーブボール』は、この状態で当たると表示されるボーナスですが、回転が加わっているとその方向にボールが曲がります。

 

右回転なら右へ、左回転なら左に曲がって進みます。

 

普通にやると難しいですが、ポケモンを中央ではなく端に表示させた状態で投げると当たりやすくなります。(ポケモンを中心から外せるのは、AR使用中のみ)

 

『ナイススロー』と同じく、10XPのボーナスが貰えます。

 

スポンサーリンク

『グレートスロー』の出し方

判定がとてもシビアなので、なかなか出ない評価です。

 

まず、ポケモンをスマホの中心に持ってきます。

 

そして、モンスターボールを放る時に現れる、輪っか(白ではなく、その中にある色のついた輪っか)の中にボールが当たるように投げます。

 

ただし、色つきの輪っかの大きさによって『ナイススロー』判定となってしまいます。

 

大きさの基準は、白い輪の半分の大きさで投げ入れることです。

 

80~100%以上だと『ナイススロー』となり、50~70%だと『グレートスロー』となります。

 

また、飛んだり防いだりするポケモンもいるので、慎重に投げましょう。

 

判定は本当にシビアなものなので、なかなか狙っても出ないのが現状のようです。

 

めげずに、自分の中でコツを見つけてスローインしてみましょう。

 

『グレートスロー』判定が出れば、50XPのボーナスを貰うことができます。

 

 

そして、その上をいく『エクセレントスロー』という判定も存在します。

 

『エクセレントスロー』のやり方はこちらの記事で詳しく説明しています。

 

ポケモンGOのトップページに戻る

スポンサーリンク