2016年9月15日に放送されたポケモンアニメXY&Z第42話『進撃する巨石!カロス防衛線!!』の内容と感想の記事になります。

 

なお、第43話『反撃のジガルデ!カロス最終決戦!!』も含めた1時間スペシャルとなります。

 

そして、エンディングは『ニャースのバラード』に変更となっています。

 

スポンサーリンク

ポケモンXY&Z第42話の内容

ピカチュウ、サトシゲッコウガ、メガリザードンXの攻撃に、ついにメガギャラドスは敗れました。(前回までの強さがウソのように・・・)

 

アラン「あなたのいう凶暴さと闘争本能は、ここに敗れました」

サトシ「もうおしまいだ、フラダリ!」

 

しかし、ギャラドスを回収したフラダリは笑っていました。

 

「こんなことで、私の望みは潰えない。私が世界を変えるのだ」

 

後ろ向きで下がっていくフラダリは、両手を広げながら落ちていきました。

 

サトシは助けようとしますが、間に合いません。

 

呆然と立ち尽くす中、シトロンが発明してくれた通信機が鳴ります。

 

そこで、セレナ、マノン、プラターヌ博士、ダイゴの無事を確認できました。

 

セレナに下へ向かってほしいと言われ、サトシ、アラン、パキラは悲しみに暮れるシトロンと合流します。

 

壊れたシトロイドを見ながら、「直るんだよな?」とサトシが声をかけると、シトロンは「直します、必ず」と力強く答えました。

 

 

一方、バシャーモ仮面が見守る中、ユリーカは倒れているZ2に近づきます。

 

しかし、この一件ですっかり人間不信に陥ったZ2は、ユリーカを警戒します。

 

そんなZ2に、プニちゃんは自分が体験してきた旅の話を聞かせます。(無論、武士口調)

 

Z2はユリーカにプニプニされ、とりあえずは一緒についてくることになります。

 

その時、サトシたちを乗せたヘリがやってきました。

 

 

一方、セレナたちは巨石を回収に地下へと向かいます。

 

しかし、そこで巨石が暴走を始めます。

 

ジガルデのパワーを吸収していたハリさんを取り込むと、ジガルデ50%フォルムのような形に変貌しました。

 

フラダリラボは崩れ去り、ロケット団も逃げるように報道ヘリに乗り、再び報道マンとしての職務に戻ります。

 

プラターヌ博士「巨石にあんな力があったなんて・・・」

ダイゴ「いえ、巨石自体が力なんです。何が起こっても不思議じゃない」

 

ダイゴはそう説明すると、ダイゴが乗ってきた小型飛行機で巨石ジガルデを追います。

 

サトシたちにも連絡し、全員で巨石ジガルデを止める話になります。

 

巨石ジガルデは、次なるエネルギーを求めており、それはヒャッコクシティにある日時計だと突き止めます。

 

宇宙から来たとされる日時計のクリスタルは、メガシンカのエネルギーと同じだからです。

 

この2つが衝突した時、カロスどころか世界が滅ぶ大爆発を起こすようです。(何故?)

 

止めるためには、中央にあるハリさんを救出するしかありません。

 

しかし、巨石ジガルデのどこにいるか分かりません。

 

すると、サトシがキズナ現象でサトシゲッコウガと同調した瞬間、心眼で透視し、ハリさんの位置を突き止めます。(さすが、サトシ)

 

目印の『みずしゅりけん』をクリスタルに突き刺すと、そこを目指してポケモンたちが巨石ジガルデを襲撃します。

 

しかし、邪悪なるツタの猛攻が激しく、ついにはピカチュウ、サトシゲッコウガ、メガガブリアス、メガメタグロス、メガリザードンX、テールナーが捕まってしまいます。

 

そのとき、思いもよらぬ援軍の攻撃により、邪悪なるツタの拘束が解かれました。

 

崖に目をやると、カロスのジムリーダーたちとチャンピオンのカルネが、パートナーポケモンと共にいました。

 

ここから、カットインが入った順に紹介します。(このとき、遊助さんの『V』が流れます)

 

シャラジム ジムリーダーのコルニとメガルカリオ。

カロスチャンピオンのカルネとメガサーナイト。(2番目の紹介・・・)

ハクダンジム ジムリーダーのビオラとビビヨン。

ジョウヨウジム ジムリーダーのザクロとチゴラス。

ヒヨクジム ジムリーダーのフクジとゴーゴート。

クノエジム ジムリーダーのマーシュとシュシュプ。

ヒャッコクジム ジムリーダーのゴジカとニャオニクス♂♀。

エイセツジム ジムリーダーのウルップとメガユキノオー。

 

すぐに攻めるのかと思いきや、「いったん引いて、作戦を立て直しましょう」と消極的なカルネです。

 

サトシとアランが突っ込み、それをみんなでサポートする案で合意し、全員で走り出します。(今まで空中戦だったので、ちょっと地味)

 

サトシとアランのために、次々とジムリーダーたちがやられていきます。

 

しかし、「振り返る暇があったら走れ!」とコルニに言われ、サトシは『みずしゅりけん』を目指します。

 

その様子を、Z2はただただ見つめていました。

 

非力な人間でも助け合い、信頼し合う姿に可能性を見つけたようでした。

 

体内の侵入に成功したサトシとアランは、ハリさんを無事に助け出し、ようやく巨石ジガルデは動きを止めました。

 

最後にみんなで攻撃して倒し、一見落着かと思いきや、フラダリが右手につけたアームで巨石ジガルデを動かしました。(ゲームでまったく使わなかった装置、ついに解禁です)

 

フラダリは、生きていたのです。

 

巨石ジガルデが『コアパニッシャー』もどきで攻撃するとき、マーシュのシュシュプが『ひかりのかべ』でなんとか防ぐことができましたが、大ダメージを受けてしまいます。(バシャーモ仮面の仮面が取れ、子供たちにバレます)

 

そのとき、ついにプニちゃんとZ2が動きます。人間は、助けるべきものだと判断したからでした。

 

「予はジガルデ、秩序を守る者。見せてやろう、予のフルパワーを!世界は終わらせぬ!」

 

2匹の声とともに、世界中からジガルデ・セルたちがコアのもとへと移動を開始しました。

 

そして、ジガルデ・パーフェクトフォルムがその姿を現しました。

 

ゴジカ「深き緑の眼。これは、そのすべてが1つになった姿・・・」

 

誰もが驚く中、フラダリは怒りに震えていました。

 

「まだこんな姿を隠していたとは。貴様も私と同じ世界を見ていたはずだ。人間の際限なき欲望が平和を乱していく様に、何も感じなかったのか!私が声を上げなければ、この世界は歪んでいくばかりだ!今になって出てきた貴様に何を守ることができる?資格などない!」

 

しかし、ジガルデはこう答えました。

 

「資格なら、この者たちにある。予は人間たちに望みをかけた。予はずっと守ってもらった。離さないと約束してくれた・・・次は予の番だ!」(相変わらず、声が高い・・・)

 

フラダリが「焼き払ってくれるわ!」と声を荒げ、攻撃を命じます。

 

しかし、ジガルデ・パーフェクトフォルムの力は強大であり、緑の閃光となって巨石ジガルデを貫き、背後からZ文字を地面に刻む『コアパニッシャー』を発動させ、フラダリごと吹きとばしました。

 

すべてのセルを開放したあと、プニちゃんはユリーカと別れの言葉を交わしました。「ありがとう」と。

 

「日向ぼっこでもしてこよう」と告げると、Z2と一緒にどこかへと去っていきました。

 

「プニちゃん、大好きだよー!」と、ユリーカはそう答えました。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

ポケモンXY&Z第42話の感想

メガガブリアスって、空・・・飛べたんですね。

 

・・・さて、ついにフレア団の野望編が終わりました。

 

その節目に相応しいオールスターの集合で、とても見ごたえのある1時間スペシャルでした。

 

サトシの超人さも、ついに心眼の域に達し、ますます目が離せない主人公ぶりでした。

 

ただ、その超人ぶりが続くかは正直、分かりません。

 

何故なら、『ポケットモンスターサン&ムーン』の新番組が放送開始するからです。

 

サトシ、ついに学校へ通います。

 

今までほったらかしにしていた学業なので、仕方ないと言えば仕方ないです。

 

ただ・・・アニメのイラストが代わりますので、同一人物でストーリーが進むかは不明です。

 

もしかすると、サトシも個体値が変わるときが来たのかもしれません。

 

ドラえもんでさえ変わったので、不思議な話ではありません。

 

もちろん、11月放送のサン&ムーンまでもう少し日があるので、今のサトシの冒険は続きます。

 

 

さて、次回は2週休んで10月6日から『はじまりはゼロ!シトロンの決断!!』です、お楽しみに。

ポケモンXY&Z第44話『はじまりはゼロ!シトロンの決断!!』の感想

 

アニメ一覧に戻る

スポンサーリンク