2016年8月21日に行われた、ポケモンワールドチャンピオンシップス2016。

 

マスターカテゴリでは、アメリカ出身のWolfe Glick選手とJonathan Evans選手の決勝戦が行われました。

 

Wolfe選手は大会常連プレイヤーということもあり、マスターカテゴリの会場は大いに沸いていました。

 

スポンサーリンク

Wolfe Glick選手の手持ちポケモン(構成)

カイオーガ

こんげんのはどう

れいとうビーム

しおふき

まもる

特性

あめふらし

性格

ひかえめ

道具

あいいろのたま

カポエラー

ワイドガード

ねこだまし

インファイト

フェイント

特性

いかく

性格

いじっぱり

道具

だっしゅつボタン

ゲンガー

まもる

ちょうはつ

ヘドロばくだん

おにび

特性

ふゆう

性格

おくびょう

道具

ゲンガナイト

ライチュウ

ねこだまし

ボルトチェンジ

がむしゃら

ほっぺすりすり

特性

ひらいしん

性格

おくびょう

道具

とつげきチョッキ

ドータクン

しんぴのまもり

ジャイロボール

スキルスワップ

トリックルーム

特性

ふゆう

性格

なまいき

道具

ラムのみ

レックウザ

ガリョウテンセイ

まもる

つるぎのまい

しんそく

特性

エアロック

性格

ようき

道具

きあいのタスキ

 

Jonathan Evans選手の手持ちポケモン(構成)

カイオーガ

こんげんのはどう

れいとうパンチ

かみなり

まもる

特性

あめふらし

性格

ひかえめ

道具

あいいろのたま

グラードン

ふんか

だんがいのつるぎ

ほのおのパンチ

まもる

特性

ひでり

性格

れいせい

道具

べにいろのたま

ゲンガー

ヘドロばくだん

おにび

めざめるパワー

まもる

特性

ふゆう

性格

おくびょう

道具

ゲンガナイト

ファイアロー

ブレイブバード

おいかぜ

おにび

ちょうはつ

特性

はやてのつばさ

性格

ようき

道具

カゴのみ

ライボルト

かみなり

ボルトチェンジ

めざめるパワー

まもる

特性

ひらいしん

性格

おくびょう

道具

ライボルトナイト

ドータクン

ジャイロボール

トリックルーム

スキルスワップ

しんぴのまもり

特性

ふゆう

性格

のんき

道具

ラムのみ

 

1回戦

1ターン目

Wolfe選手は、レックウザ、カイオーガを出します。

 

Jonathan選手は、ゲンガー、カイオーガを出します。

 

どちらのカイオーガもゲンシカイキしますが、Wolfe選手のほうが先に進化しました。(はじまりのうみ発動)

 

レックウザは、ライチュウと交代します。

 

ゲンガーはメガシンカします。

 

メガゲンガーは『ヘドロばくだん』をカイオーガに当てます。(HP8/10)

 

Wolfe選手のカイオーガが『しおふき』をし、メガゲンガーをHP1/10に、カイオーガをHP8/10にします。

 

Jonathan選手のカイオーガは『かみなり』ですが、ライチュウが『ひらいしん』で引き寄せ、『とくこう』を1段階上げます。

 

2ターン目

Jonathan選手のカイオーガは、グラードンと交換し、ゲンシカイキします。(おわりのだいち発動)

 

メガゲンガーは『まもる』を選択。

 

ライチュウは『ねこだまし』でグラードンを攻撃します。

 

Wolfe選手のカイオーガは『れいとうビーム』ですが、メガゲンガーは『まもる』で無効です。

 

3ターン目

メガゲンガーは、ドータクンに交代します。

 

グラ―ドンは、カイオーガに交代します。(はじまりのうみ発動)

 

Wolfe選手のカイオーガは『まもる』です。

 

ライチュウは『がむしゃら』で、カイオーガを攻撃します。(HP7/10)

 

4ターン目

ライチュウは『ボルトチェンジ』をドータクンに当て、カポエラーと交代します。(いかく発動)

 

Wolfe選手のカイオーガは『しおふき』ですが、ドータクンはHP1桁で耐えます。相手のカイオーガはHP1/2です。

 

Jonathan選手のカイオーガは『こんげんのはどう』で、カポエラーのHPを赤にしますが、『だっしゅつボタン』で戻ります。Wolfe選手のカイオーガも、これでHP半分となります。

 

カポエラーの代わりに、レックウザが登場します。

 

ドータクンは『トリックルーム』を発動させます。

 

5ターン目

Wolfe選手のカイオーガは、ライチュウと交代します。

 

レックウザは『まもる』を選択。

 

ドータクンは『ジャイロボール』ですが、目標がレックウザのため無効です。

 

Jonathan選手のカイオーガは『かみなり』を選択したため、ライチュウの『ひらいしん』を発動させてしまいます。

 

6ターン目

ドータクンは、グラードンと交代します。(おわりのだいち発動)

 

Jonathan選手のカイオーガは『まもる』を発動。

 

ライチュウは『ねこだまし』ですが、カイオーガのため無効となります。

 

レックウザは『つるぎのまい』を行います。

 

7ターン目

レックウザは『しんそく』で、HPが半分もあるカイオーガを倒します。

 

グラードンは『だんがいのつるぎ』で、ライチュウを倒します。(レックウザは無効)

 

カイオーガの代わりにメガゲンガー、ライチュウの代わりにカポエラーが登場します。(いかく発動)

 

8ターン目

メガゲンガーは、ドータクンと交代します。

 

レックウザは、このタイミングでメガシンカします。(らんきりゅう発動)

 

カポエラーは『ねこだまし』で、グラードンを封じます。

 

メガレックウザは『ガリョウテンセイ』で、HP1桁のドータクンを倒します。

 

ドータクンの代わりに、メガゲンガーが登場します。

 

ここで、『トリックルーム』の効果がなくなります。

 

9ターン目

グラードンは『まもる』を選択。

 

カポエラーは『ワイドガード』を張ります。

 

メガゲンガーは『おにび』をメガレックウザに当てます。

 

メガレックウザは『ガリョウテンセイ』で、HP赤のメガゲンガーを倒します。(メガレックウザのHPは8/10)

 

10ターン目

メガレックウザは、カイオーガと交代します。(おわりのだいち発動)

 

カポエラーは『ワイドガード』を張り続けます。

 

グラードンは『だんがいのつるぎ』を使いますが、『ワイドガード』のため無効です。

 

11ターン目

特性『おわりのだいち』で『ほのお』技が使えず、『ワイドガード』で『だんがいのつるぎ』も封じられたため、グラードンの攻撃は事実上できなくなったので、Jonathan選手は降参をしました。

 

2回戦

1ターン目

Wolfe選手は、レックウザ、カイオーガを出します。(1回戦と同じ)

 

Jonathan選手は、ゲンガー、カイオーガを出します。(1回戦と同じ)

 

どちらのカイオーガもゲンシカイキしますが、Wolfe選手のほうが先に進化しました。(はじまりのうみ発動)

 

レックウザは、ライチュウと交代します。

 

ゲンガーはメガシンカします。

 

メガゲンガーは『ヘドロばくだん』をカイオーガに当てます。(HP8/10)

 

ここまでは1回戦と同じでしたが、『どく』を与えることに成功します。

 

Wolfe選手のカイオーガは『こんげんのはどう』を発動させ、メガゲンガーを倒し、カイオーガをHP7/10にします。

 

Jonathan選手のカイオーガも『こんげんのはどう』を選択し、ライチュウのHPを2/5、カイオーガのHPを1/2にします。

 

ターン終了後、Wolfe選手のカイオーガは『どく』で3/10となります。

 

メガゲンガーの代わりに、グラードンが登場します。(おわりのだいち発動)

 

2ターン目

Wolfe選手のカイオーガは、カポエラーと交代します。(いかく発動)

 

グラードンは、ドータクンと交代します。

 

HPの少ないライチュウは『がむしゃら』で、カイオーガを1/5にします。

 

Jonathan選手のカイオーガは『こんげんのはどう』を使い、ライチュウを撃破、カポエラーのHPを半分にします。(だっしゅつボタンで離脱)

 

2匹の代わりに、レックウザとカイオーガを出します。(はじまりのうみ発動)

 

3ターン目

Wolfe選手のカイオーガは、カポエラーと交代します。(いかく発動)

 

レックウザは『ガリョウテンセイ』で、『がむしゃら』で弱っていたカイオーガを倒します。

 

『こうげき』ランクが2段階下がっているドータクンは、『トリックルーム』を発動させます。

 

カイオーガの代わりに、グラードンが登場します。(おわりのだいち発動)

 

4ターン目

レックウザはメガシンカします。(らんきりゅう発動)

 

グラードンは『まもる』を使います。

 

カポエラーは『ねこだまし』で、『ドータクン』を封じます。

 

メガレックウザは、『つるぎのまい』を発動させます。

 

5ターン目

カポエラーはカイオーガと交代します。

 

『こうげき』ランクが3段階下がったドータクンは『ジャイロボール』を使いますが、目標のメガレックウザをHP7/10にする程度の威力です。

 

グラードンは『だんがいのつるぎ』を使いますが、カイオーガに当たりません。(メガレックウザは無効)

 

メガレックウザは『ガリョウテンセイ』で攻撃し、グラードンのHPを13まで追い込みます。

 

ターン終了後、Wolfe選手のカイオーガは『どく』で1/10になります。

 

6ターン目

Wolfe選手のカイオーガは、カポエラーと交代します。

 

グラードンは『まもる』を発動。

 

メガレックウザの『しんそく』は、グラードンのため無効です。

 

4段階下がっているドータクンの『ジャイロボール』は、メガレックウザを攻撃します。(HP3/10)

 

7ターン目

グラードンは『まもる』を連続発動にチャレンジしますが、失敗します。

 

カポエラーは『ねこだまし』で、ドータクンの動きを封じます。

 

メガレックウザは『しんそく』で、グラードンを倒します。

 

ここで、『トリックルーム』の効果は終了します。

 

8ターン目

メガレックウザは『ガリョウテンセイ』で、ドータクンのHPを半分にします。

 

カポエラーの『インファイト』がドータクンを捉えますが、ギリギリ耐えます。

 

ドータクンの3度目の『ジャイロボール』で、メガレックウザは倒れます。

 

メガレックウザの代わりに、カイオーガが登場します。(はじまりのうみ発動)

 

9ターン目

Wolfe選手のカイオーガが『しおふき』を発動させ、ドータクンは倒れました。

 

この瞬間、Wolfe選手の優勝が決定しました。

 

スポンサーリンク

WCS2016マスターカテゴリ決勝戦まとめ

さきに断っておきますが、Jonathan選手は相当強いプレイヤーであり、彼が決勝戦に進むことは必然とさえ断言できる実力の持ち主です。

 

この戦いでは、Wolfe選手がその上をいく読み合いを披露しただけなのです。

 

ライチュウを交代で出すことで『かみなり』を無効にする策略だけでなく、レックウザの『つるぎのまい』を堂々と発動させる自信が素晴らしいです。

 

『グラードン』『カイオーガ』が必ず『まもる』を使ってくるであろうと読むことができなければ、あれほど綺麗には決まりません。

 

日本人プレイヤーが上がってこなかったのは残念なカテゴリーでしたが、それが納得のいく強さでした。

 

来年も、両選手の活躍に期待しましょう。

 

また、同大会のジュニアカテゴリの試合内容を知りたい方は、こちらの記事で紹介しています▼

ポケモンWCS2016ジュニアカテゴリ決勝戦バトル内容

 

スポンサーリンク