『げんきのかたまり』はコスト2ですが、採用され続けているプレートです。

 

しかし、同じくコスト2の『ウェイトクリア』はまったく使われません。この違いは何だったのか、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ウェイトを解除する方法は少ない

ウェイトを付加させる効果は、バトルを有利にすることができます。

 

相手の動きを封じる方法は、特殊状態を含めればたくさんあります。

 

しかし、ウェイト状態だけは気軽に回復することができません。

 

特殊状態なら進化によって解くテクニックがありますが、ウェイトのターンだけは残ったりします。

 

そのウェイトを瞬時に解除できる方法は、『ウェイトクリア』ぐらいしかないのです。

 

ゴール前でウェイトにされてしまうと、相手にチャンスを与えてしまうことにも繋がります。

 

ウェイトの効果を持つワザが増えているため、、『ウェイトクリア』は以前よりも重宝するプレートといえるのです。

 

ウェイトはターンで解除できる

しかし、ほとんどのユーザーは『ウェイトクリア』よりも『げんきのかたまり』を採用します。

 

何故なら、ウェイトはターンで解除できるからです。

 

一方、『げんきのかたまり』は使えるコマを1体分増やすことができるため、戦況を大きく変えることも可能となります。

 

この2枚を天秤にかけてしまうと、やはり『ウェイトクリア』が選ばれないのは仕方がないことかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

『げんきのかたまり』が存在しなければ、『ウェイトクリア』はそれなりに使われていたかもしれません。

 

しかし、残念ながらこの関係は今後も変わることはないでしょう。

 

『ウェイトクリア』に最後のチャンスがあるなら、コスト1に引き下げられるぐらいですね。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク