ポケモンコマスターはボードゲームなので、将棋やチェスに通じる部分があります。

 

そのためか、『投了』ボタンが設けられています。

 

これを押すかどうかは、ユーザー次第となります。

 

スポンサーリンク

コマスターで投了するタイミング

レーティングを下げるために投了を使うユーザーもいますが、基本的な使い方は負けが確定したときです。

 

将棋でいえば『王手』、チェスでいえば『チェックメイト』をかけられたときですね。

 

この状態になると、次のターンにどんな行動を取っても負けてしまいます。

 

コマスターの場合は、ゴールキーパーが包囲されたとき、エントリーポイントを両方封じられた状態で全滅したときです。

 

投了するメリットは、なんといっても時間短縮ですね。

 

わざわざコマを動かさないでゲームを終了することができるので、自分も相手も次の試合にスムーズに移行することができます。

 

潔く負けを認めるのも、時には必要ということですね。

 

投了しない美学はアリかナシか?

さて、ここからが本題です。

 

ユーザーの中には、負けが確定しているのに投了しない方もいます。

 

『最後まで諦めない』という美学を突き通したいわけですね。

 

もちろん、ゴールキーパーが包囲されたあとに、ミュウツーの『サイキックブロー★★』を狙うのなら話は分かります。

 

しかし、その他の行動はほぼ無意味です。

 

最後に攻撃しても、わざわざプレートを使用しても、残念ながら時間稼ぎにしかならないのです。

 

もっとも、これがマナー違反かどうかは微妙なラインなので、あとは個人の見解かもしれませんね。

 

日本には『潔く負けを認める美学』も『最後まで諦めない美学』もありますので、あとはユーザーの意思に委ねられる問題といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

投了しない美学を突き通すかどうかは、あなた次第です。

 

ただし、やってはいけない行動があります。

 

それは、最後のターンに『切断する』『持ち時間を意図的に使い切る』です。

 

これに関しては完全にマナー違反となりますので、十分注意しましょう。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク