メレシーは、かなり尖ったステータスです。

 

使い道があるとすれば、ディアンシーデッキとなります。

 

ただし、白ワザがメレシーの価値を下げているといえそうです……。

 

スポンサーリンク

メレシーはもう少し白ワザが小さかったら役立ったかも……

MP1というだけで嫌煙される環境であるのも関わらず、メレシーはMP1となります。

 

普通なら使おうとは思わないのですが、ディアンシーのおかげでこの個性を活かすことができます。

 

『トリックルーム』中はMP1がMP3に化けるため、メレシーもスイスイと移動することが可能です。

 

これにより、メレシーの最強ワザ『気絶しないだいばくはつ』をガンガン仕掛けることができます。

 

5ターンまでに相手のエントリーポイントにたどり着ければ、メレシーの仕事はほぼ完了したといえますね。

 

あとはバンバン爆発していくだけで、相手は戦意を喪失することでしょう。

 

……ただし、そううまくいかないのがメレシーの弱点となります。

 

メレシーは、『だいばくはつ』と同じ面積の『ムーンフォース70』を持っています。

 

70ダメージというのが、また微妙な数字といえますね。MP3の金ワザでもギリギリ倒せてしまうラインです。

 

メレシーの特性『がんじょう』はダメージを防ぐことはできませんので、簡単に気絶してしまうのです……。

 

まとめ

ダブルチャンス』を使うにしても、やはりコスパが悪いと言わざるを得ませんね。

 

Zワザで押し切る方法もありますが、それはディアンシーに任せればいい話となってしまいます。

 

そう考えると、メレシーが不人気なのも頷けてしまいますね……。

 

スポンサーリンク

人気記事

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る