『ゴースト』タイプを使い続けているユーザーの中には、『ゴースト』タイプだけでガルーラを突破しようと挑戦する方もいるようです。

 

しかし、ガルーラに『きもったま』+『すてみタックル』がある限り、『ゴースト』タイプで突破するのは困難といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

ガルーラに紫ワザは当てづらい

『ゴースト』タイプでガルーラを突破するなら、やはり目をつけるのは特殊状態ですね。

 

特殊状態になっていると、ガルーラの特性『きもったま』は発動しません。

 

そのため、何かしらの特殊状態にさえできれば、ガルーラを突破することができるでしょう。

 

しかし、ガルーラに紫ワザを当てるのも困難といえます。

 

何故なら、ガルーラには金ワザ、そして紫ワザがあるからです。

 

つまり、ガルーラに紫ワザを当てるなら、白ワザの『からげんき』しか狙い目がありません。

 

ガルーラの紫ワザを優先度で超える方法もありますが、特殊状態にする紫ワザで優先度★★★はそれほど多くはないです。

 

こう考えると、ガルーラのワザ構成は紫ワザにも強いといえるでしょう。

 

『きもったま』+『すてみタックル』の脅威

何より恐ろしいのが、『きもったま』+『すてみタックル』のコンボです。

 

これが『ゴースト』タイプに命中すると、ガルーラは気絶しないことになります。

 

つまり、『ゴースト』タイプだけにはノンリスクの気絶ワザとなるのです。

 

150ダメージと気絶系の紫ワザ持ち……。『ゴースト』タイプは、この状態の相手と戦う必要があるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

『ゴースト』タイプでガルーラを対策するなら、やはり数を減らす方法が好ましいです。

 

3~4体にするだけでもガルーラ対策となりますので、6体にこだわるのはやめておきましょう。

 

数を減らすことで『ゴースト』デッキが弱体化する場合は、思い切って違うタイプに作り替えたほうが良いかもしれません。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク