2016年11月24日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第3話『よロトしく、ボク、ロトム図鑑ロト!』の内容と感想の記事になります。

 

今回の放送も1時間スペシャルとなります。

 

スポンサーリンク

第3話『よロトしく、ボク、ロトム図鑑ロト!』の内容

ロケット団がアローラ地方に降り立ちました。(ムサシとコジローもアローラの姿に・・・)

 

連れはもちろん、ニャースとソーナンスです。

 

目的は、珍しいアローラのポケモンたちを捕まえることでした。(いつも通り・・・)

 

 

そのころ、ククイ博士はサトシに図鑑をプレゼントします。

 

すると、コンセットからロトムが飛び出し、図鑑に入り込みます。

 

ロトム図鑑となり、サトシとピカチュウを驚かせます。

 

クラスメートのリーリエ、カキ、スイレン、マオ、マーマレにも見せてあげます。

 

ロトムはなんでも学習してしまうので、オーキド校長のポケモンギャグもインプットしてしまいます。(やめておけ)

 

話題がロトムから逸れるころ、ククイ博士は授業内容にフィールドワークを提案します。

 

つまり、森に入ってポケモンをゲットするのです。(自由な学校・・・)

 

サトシはクラスメートたちと共に、森の中へと入っていきます。

 

すると、ミミッキュと遭遇します。

 

しかし、何やら様子が違うミミッキュです。

 

ピカチュウとのバトルでも、全力で攻撃してきます。

 

それを見ていたロケット団のニャースは、ミミッキュがピカチュウに日頃の怨みがあることを告白します。(ピカチュウと似ている理由らしい)

 

利害が一致し、ロケット団とミミッキュは同志となります。(まだ、ゲットはしていない)

 

ムサシとコジローはピカチュウを奪う気だったのですが、何故かキテルグマに抱えられ、連行されてしまいます。

 

ミミッキュとニャースは、2人を追いかける形でバトルは終了してしまいました。

 

腑に落ちないサトシたちでしたが、気を取り直してポケモンゲットのために森を散策するのでした。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第3話『よロトしく、ボク、ロトム図鑑ロト!』の感想

ニャースがうっかりミミッキュの皮の中身を見てしまい、奈落の底へと誘われてしまいます。(幻覚で可愛いサーナイト、ミミロップ、グレイシアも登場)

 

なんとか無事に戻ってくることができましたが、ミミッキュに対する恐怖心は募るばかりです。(よく仲間にできた・・・)

 

ニャースはミミッキュの言葉も理解できるのですが、内容があまりに恐ろしいようで、まったく翻訳してくれません。(聞いてしまったら命を取られそう・・・)

 

この回の結論をいえば、小学生に見せて大丈夫なのだろうか?と思う内容でした。(冬なのにホラーアニメ)

 

さて、次は『モクロー登場!アローラでポケモンゲットだぜ!!』です、お見逃しなく。(1時間スペシャルです)▼

アニメサン&ムーン第4話の内容と感想

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク