2016年11月24日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第4話『モクロー登場!アローラでポケモンゲットだぜ!!』の内容と感想の記事になります。

 

第4話は、1時間スペシャルの後編となります。

 

スポンサーリンク

第4話『モクロー登場!アローラでポケモンゲットだぜ!!』の内容

ツツケラの群れをケララッパが先導しています。

 

後ろには、モクローが必死でついていきます。

 

それぞれ木の実を1つずつゲットして、親鳥のドデカバシのもとに運びますが、モクローだけ風鈴をもってきてしまいます。(うっかり屋さん)

 

ケララッパに怒られ、しぶしぶ1匹だけ町に戻ることになります。

 

そんなモクローの様子を、ドデカバシは心配そうに見つめていました。

 

どこからか紛れてしまったモクローのたまごを孵化させたドデカバシは、親としての義務をどうやって果たそうかと考えていたのです。

 

 

そのころ、モクローはサトシのもとへとやってきました。

 

マオのパートナーポケモンであるアマカジの匂いに誘われたからです。

 

しかし、フルーツと間違われたアマカジは反撃し、モクローを倒してしまいます。

 

サトシは、モクローの介抱をしているうちに仲良くなります。

 

ゲットしたいと思うようになり、フルーツを持っていたモクローについていくことにします。

 

すると、ツツケラの群れはロケット団に捕獲されていました。

 

理由は、キテルグマの木の実を盗んだからでした。(キテルグマに食べ物を与えられた一宿一飯の恩義から)

 

コジローのゴージャスボールでゲットしたミミッキュを出し、ピカチュウを圧倒します。

 

もうダメかと思われたその時、モクローの『このは』が炸裂します。

 

危ないところを助けられたピカチュウは『10まんボルト』で反撃し、持ちこたえます。

 

しかし、バトルはまたもやキテルグマによって中断されてしまいます。

 

子供だと思っているのか、ロケット団(ミミッキュ含む)を腕に抱きかかえると、再び巣へと戻っていったのです。

 

平和になったツツケラの群れを見ていたサトシは、モクローも家族であることを知り、ゲットを諦めて帰ろうとします。

 

その後ろ姿をモクローが悲しく見つめていたとき、ドデカバシがモクローの背中を押しました。

 

モクローはサトシのリュックに入り込み、一緒に冒険する道を選んだのでした。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第4話『モクロー登場!アローラでポケモンゲットだぜ!!』の感想

サトシがアローラで初めてゲットしたポケモンは、モクローとなりました。

 

すべての仕草が可愛く、人気がでること間違いなしです。

 

そして、すべてのアニメファンがこの瞬間に思ったことは「進化しないでほしい・・・」だと思います。

 

ロケット団の決め台詞

なお、ロケット団の決め台詞が大幅に変更されています。

 

ムサシ「なんだと言われたら」

コジロー「聞かせてあげよう我らの名を」

ムサシ「花顔柳腰、羞月閉花。儚きこの世に咲く一輪の悪の花・・・ムサシ」

コジロー「飛竜乗雲、英姿颯爽。切なきこの世に一矢報いる悪の使徒・・・コジロー」

ニャース「一蓮托生、連帯責任。親しき中にも小判輝く悪の星・・・ニャースでニャース」

ムサシ&コジロー「ロケット団参上!」

ニャース「なのニャ!」

ソーナンス「ソーナンス!」

 

ムサシとコジローが言っている四文字熟語の意味は、後半の意味をお固く表現した内容だと思ってください。(訳すのも恥ずかしい内容なので、個人で検索してください)

 

さて、来週は『アシマリ、がんバルーン!』です、お楽しみに▼

アニメサン&ムーン第5話の内容と感想

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク