2017年5月18日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第27話『出でよ!赤き眼差しルガンガン!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第27話『出でよ!赤き眼差しルガンガン!!』の内容

スカル団は、ブラッキーを連れた金髪の青年に絡みます。

 

しかし、それはグラジオであり、もう1匹の相棒のルガンガン(まよなかのすがた)の『ストーンエッジ』で、一撃で吹っ飛びます。

 

それから『メレメレじま』では、『赤き眼差し』のルガンガン使いである凄腕トレーナーの話題で持ち切りとなりました。

 

サトシもバトルしたいと思いながら下校していると、カメックス使いのトレーナーを倒しているグラジオに遭遇します。

 

サトシはバトルを申し込もうとしたとき、リーリエが「お兄さま!」と叫びながら近づいてきました。

 

自分を見つめるための旅をしていたグラジオは、リーリエと久しぶりに再会しました。

 

しかし、屋敷には寄らず、去っていきました。

 

サトシは事情を聞くために、リーリエの屋敷に寄ります。

 

少し怖い印象だったグラジオでしたが、それを否定するように執事のジェームズは昔話を始めます。

 

傷ついたイーブイを屋敷に持ち帰って助けたエピソードを聞き、根は優しい青年であることを知ります。

 

 

その夜、サトシはピカチュウに『10まんボルト』で起こされます。(サトシだから無傷です)

 

そこにはブラッキーがおり、グラジオからの手紙を預かります。

 

アローラの朝日が昇る頃、サトシはグラジオとバトルをすることができました。(相変わらず、目を隠す変わったポーズ)

 

カプ・コケコに認められたサトシに興味がわいたからです。

 

ルガンガン相手にイワンコは食いつきますが、またも肝心のところでロケット団が邪魔に入ります。

 

しかし、グラジオとルガンガンのZワザ『ワールズエンドフォール』により、ロケット団の陰謀は失敗してしまいます。

 

もちろん、キテルグマにキャッチされ、ロケット団は無事に巣へと戻っていきました。

 

邪魔が入ったことでバトルはお預けとなりましたが、また再戦することを約束し、グラジオは去っていきました・・・。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第27話『出でよ!赤き眼差しルガンガン!!』の感想

グラジオは、やはりルミナーゼと離反しているようですね。

 

ただ、スカル団との関りはないようです。

 

そして、タイプ:ヌルはどうしたのでしょうか?

 

この感じだと、映画での登場となりそうですね。

 

さて、来週の第28話は『熱闘ポケベース!ねらえ逆転ホームラン!!』です、お楽しみに▼

【サン&ムーンアニメ】第28話の感想!ポケベースでカキが壊れ過ぎ・・・

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク