PスクラップBコースで手に入る色違いミュウツー。

 

特性がきんちょうかんなら、その性格や技はどうしたらいいでしょうか。

 

スポンサーリンク

PスクラップBコース色違いミュウツー

入手方法

ポケモンスクラップが入った対象商品を16個購入し、『ポケモンスクラップ2016』の特設サイトで『Bコース』にスクラップナンバーを登録する。

受け取り期間(登録&受け取り)

4月28日(木)14:00~8月31日(水)12:00(正午)まで

分類

いでんしポケモン

高さ

2,0m

重さ

122,0kg

説明

遺伝子操作に よって つくられた ポケモン。

人間の 科学力で 体は つくれても 優しい 心を

つくることは できなかった。

Lv.

100

タイプ

エスパー

特性

きんちょうかん

持ち物

ミュウツーナイトY

Pスクラップ

ボール

プレシャスボール

リボン

クラシックリボン

サイコブレイク

サイコキネシス

じこさいせい

はどうだん

スポンサーリンク

Pスクラップ色違いミュウツーの厳選

性格

ミュウツーナイトYを持っていますが、『ひかえめ』や『おくびょう』にする必要はありません。

 

ミュウツーナイトXを持たせるのなら、『いじっぱり』『ようき』で良いです。

 

上記の記述からも分かる通り、現在のバトル環境はメガシンカが前提です。

 

もちろん、てもちのメガシンカポケモンを他に採用するというのなら良いですが、GSルール(伝説を入れてもよいルール。HGSSのジーエスカップの名残で使われる)などで強力なポケモンが必要な場合、ミュウツーを通常のままで出すのは戦力不足となります。

 

もっと言えば、ミュウツーは『すばやさ』が売りのポケモンです。

 

メガストーン採用だと『こだわりスカーフ』を持たせられないので、『ようき』『おくびょう』が良いでしょう。

 

きんちょうかんのタイミング

メガシンカしたら、『きんちょうかん』はなくなります。

 

隠れ特性のミュウツーが役立つ場面は、後出しまたは『まもる』のどちらかのタイミングとなります。(ダブルバトルの場合)

 

相手が『オボンのみ』などで回復するタイミングを見て、ミュウツーを後出しします。

 

そうすることで、相方のポケモンが相手に攻撃してHPを減らしても、食べられる心配はなくなります。

 

『まもる』も同じです。初手で使用することでメガシンカせず、相方にHPを減らしてもらうのです。

 

『とくこう』型にするなら、『サイコブレイク』の採用は絶対です。

 

ゼルネアスの『ジオコントロール』が最近の流行ですが、『とくぼう』は上がっても『ぼうぎょ』が上がることはありません。

 

カイオーガもよく出ますが、『ぼうぎょ』が弱いので『サイコブレイク』なら大打撃を与えられます。

 

ただし、グラードンを倒したいのなら『サイコキネシス』が必要です。

 

サブウェポンは豊富にあります。パーティ構成を見て、適切なものを選びましょう。

 

メガミュウツーなら、フルウェポンでもありです。それぐらい、戦ってほしいポケモンです。

 

 

『こうげき』型でいくのなら、『じしん』『けたぐり』の採用は外せないです。

 

ゼルネアス封じとして『はがね』は多く出てきますし、天候を変えてしまうグラードンには『じめん』技が有効です。

 

ただ、メガミュウツーXの本来の目的は、『ふいうち』などの『あく』攻撃に耐えて反撃するという、逆に相手の不意をつく意味での採用となります。

 

なので、出し方には注意が必要です。

 

どのバトル形式でもファイアローが飛び回るのが現在のバトル環境なので、そこを間違えると命取りとなります。

 

ポケモン配布一覧に戻る

スポンサーリンク