2016年11月3日に放送された『おはスタ』の内容と感想の記事になります。

 

なお、記事で取り扱う内容はポケモン関連のみとなりますので、ご了承ください。

 

スポンサーリンク

 

シュウ選手とカイセイ選手がポケモン部に

WCS2016のジュニアカテゴリで活躍したシュウ選手とカイセイ選手が、ポケモン部に遊びに来てくれました。

 

前回の放送では、佐香智久さんとベスト8のカイセイ選手がポケモンバトルをし、カイセイ選手が圧勝しました。

 

ポケモン部の意地として、部長のロバート山本さんがバトルに参加。相手は、準優勝のシュウ選手です。

 

ポケモンバトルの司会として、JPさんと長谷川さんが担当します。

 

どっちが勝つかをカイセイ選手に尋ねると、「絶対、シュウ」と言い切ってしまいます。

 

その言葉で火がついた山本部長は「ポケモンバトルに絶対はないことを教えてやるっ」と意気込みます。

 

シュウ選手とロバート山本部長の勝敗は?

シュウ選手は初手で、グラードンとクレセリアを出します。

 

一方、山本部長はトゲキッスとサマヨールを選択。

 

山本部長はサマヨールに『トリックルーム』を使わせ、『すばやさ』の低いパーティで勝負をしかける作戦でした。

 

しかし、山本部長は気づいていませんでした。グラードン、クレセリアの組み合わせの戦術が『トリックルーム』であることを・・・。

 

『すばやさ』の低いクレセリアは『れいとうビーム』、グラードンは『ふんか』を発動させ、あっと言う前に山本部長のパーティは全滅してしまいました。

 

明らかな作戦ミスであり、山本部長はうなだれてしまいます。

 

すると、長谷川さんが「どう、ポケモン部の部長やる?」と尋ねると、シュウ選手は「うん」と答えました。

 

山本部長は「ちょ、おい!」と言って、笑いを誘っていました。

 

スポンサーリンク

おはスタ20161103の感想

世界大会の選手とはいえ、キッズたちに負けてしまった佐香智久さんと山本部長です。

 

山本部長は、「バトルの腕がなまっている」と自ら言っていましたが、どうやら深刻のようです。

 

来週からは、修行のために特訓するらしいです。

 

一体、何が起こるのでしょうか?続報を待ちたいと思います。

 

加えて、発売日が近づいているサンムーンの最新情報も出してもらえると嬉しいですね。

 

おはスタ一覧に戻る

スポンサーリンク