ソルガレオ、ルナアーラ最大の天敵が登場しました。

 

その名はテッカグヤ。人工衛星や宇宙船が接近するさまから『待ち合わせ』や『デート』の意味を持つ『ランデブー』を1体でやらせてしまうポケモンとなります。

 

スポンサーリンク

ソルガレオとルナアーラが1体でランデブーしてしまう悲しき仕組みを紹介

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

テッカグヤには、『ランデブー』という青ワザがあります。

 

『ランデブー』が成功すると、テッカグヤはバトルポケモンを連れて、その名の通り一緒にウルトラスペースへと飛び去ってしまいます。

 

この効果により、互いに痛み分けという状況になるのです。

 

しかし、ソルガレオルナアーラだけは1体で打ち上げられ、テッカグヤは地上でお見送りをしてフィールドに居座るという、ノンリスクの状態でバトルが終了してしまうのです。

 

バトル相手からすれば、たまったものではありません。

 

一見するとバグのように見える状況なのですが、これには2体の特性が関係しています。

 

『このポケモン(ソルガレオ、ルナアーラ)のバトル相手は、バトル終了までこのポケモンのワザの効果以外では移動できない』……こう記されているのです。

 

どうやら、帰郷が恋しくなったソルガレオとルナアーラが1体で帰省してしまう仕組みのようです……。

 

スポンサーリンク

まとめ

テッカグヤの打ち上げ『ランデブー』は、ソルガレオとルナアーラにとっては脅威となります。

 

相手にウルトラスペースから戻す術がなければ、状況は悪化する一方なのです。

 

ウルトラスペース対策も、今後の重要なポイントとなりそうですね。

 

ぜひ、1人ランデブーも可能なテッカグヤを採用してみてはいかがでしょうか。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク