デッキのコンセプトを間違わなければ、UCとRのデッキでもEXポケモンを倒すことができます。

 

今回は、『のろい』の紫ワザを使ったコンセプトデッキを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

呪いと大爆発と道連れデッキでEXに一泡吹かせる

『出典・コマスター公式ツイッター

 

『のろい』とは、主に『ゴースト』ポケモンが覚えることのできる紫ワザです。

 

相手に『のろいマーカー』を付けることで、『きぜつ』時にデュエルから除外できるという恐ろしい効果です。

 

以前は使用者も受けてしまう効果でしたが、修正されて相手だけに付加させることができます。

 

つまり、効率よく相手を気絶させることができれば、どんどんコマを減らすことができ、最終的には4VS2のような構成にすることが可能なのです。

 

そうなれば、いくらEXであろうとも数に圧倒されてしまうわけです。

 

そして、効率よく気絶させるために、『だいばくはつ』や『みちづれ』といったワザが重要となります。

 

これらのワザは、相手のダメージに関係なく気絶させることができるため、非常に効果的です。

 

こういった工夫をすることで、うまく『のろい』を発動させることができます。

 

運用方法

『のろい』をコンセプトとしたデッキで必要不可欠なポケモンはミミッキュです。

 

採用理由は、現環境でも通用するポケモンだからです。

 

『フェアリー』タイプのため、カプ・コケコの前に出せるのが最大の強みですね。

 

また、特性『ばけのかわ』のおかげで『のろい』の発動確率を意図的に増やすことができます。

 

他にも、『のろい』の面積が広いジュペッタミカルゲも便利です。

 

オドリドリまいまいスタイルの『みやびなダンス』なら、自分の気絶時に『のろいマーカー』を付加させることができますし、『ゴースト』ポケモンを強化させることができます。

 

積極的に『のろいマーカー』を狙いたいなら、アブソルの『ほろびのうた』もオススメです。

 

ただし、『ほろびのうた』は自分や周りにも付加させるので注意が必要です。

 

次に、ゴースビリリダマを採用します。

 

これらは、『みちづれ』『だいばくはつ』を覚えているため、『のろいマーカー』のポケモンを効率よく倒すことができます。

 

ゴースを採用するのは、他にも理由があります。

 

ゴースは特性の効果で包囲の対象とならないため、『スワップスポット』を利用すればゴールを狙いやすくなるのです。

 

それがうまく成功しなくても、MP3すり抜けポケモンはエントリーポイントを潰しやすいので、利用価値は他にもあるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

『のろい』を発動させるために、『ダブルチャンス』で確率を調節することも重要となります。

 

序盤は、力で圧倒される場合もあると思いますので、『げんきのかたまり』などで戦力を温存する方法を用意しておくと良いでしょう。

 

『のろい』を覚えているポケモンは『ゴースト』タイプばかりなので、すり抜けで相手を翻弄することが重要となります。

 

ぜひ、『のろい』をコンセプトとしたデッキを構築してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

ポケモンコマスターの最強デッキ考察!現環境まとめ

コマスターのトップページに戻る