※2017年3月23日にパラメータ修正(特性の追加)がありました。

 

ポケモンコマスターで使用するフィギュア『マフォクシー』についての攻略記事です。

 

『マフォクシー』の能力、評価、対策、入手方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

マフォクシーの能力

ID

253

タイプ

ほのお、エスパー

特性

マジックトリック
バトル中、このポケモンが『ミス』を出したら、自分の使用済みプレートを1枚未使用にする。(ランダム)

レア度

EX

MP

2

マテリアル

4000

入手方法

タイムトレボ

進化経路

フォッコテールナー→マフォクシー

ルーレットのピース

ミス
大きさ 8
かえんほうしゃ※ 50
大きさ 20
※このポケモンが気絶したら、バトル相手を『やけど』状態にする。
フレイムキネシス ★★
大きさ 32
バトル相手を、3歩離れた場所に移動する。
ミス
大きさ 8
だいもんじ 70
大きさ 28

スポンサーリンク

マフォクシーの評価や特徴

マフォクシー最大の特徴は、紫ワザの『フレイムキネシス』です。

 

相手ポケモンを3歩も移動させることができる紫ワザです。

 

この3歩離れた場所というのは、自分の陣地でも問題ありません。

 

自分の陣地に相手を入れるメリットはないように思えますが、序盤は自軍ポケモンたちがたくさん配置されています。

 

この中で『包囲』の対象となる場所を作っておけば、放り投げるだけで簡単に気絶させることができるのです。

 

もちろん、相手のブロックを下げるために使用することも可能です。

 

オススメ拡張ピース

レベルアップによる拡張ピースは『フレイムキネシス』がオススメです。

 

『フレイムキネシス』は通常の紫ワザとは違い、相手を移動させる効果がありますので、白ワザがなくてもゴールキーパーを除外することができます。

 

オススメフュージョン

フュージョンで強化するダメージワザは『だいもんじ70』がオススメです。

 

マフォクシーが『マヒ』『やけど』になった場合、『かえんほうしゃ50』は使えなくなってしまうので、鍛えても損をするパターンが多くなります。

 

『だいもんじ70』のダメージを上げておけば、激戦区の70でも戦うことが可能となります。

 

マフォクシーの対策

紫ワザのせいで、攻撃しにくいポケモンです。

 

かといって、白ワザが豊富に揃っているので、金ワザで挑むのは危険です。

 

なので、紫ワザの優先度★★以上でブロックするのが好ましいでしょう。

 

下手に攻撃して『フレイムキネシス』でブロックを下げられる可能性があるので、敵陣でのバトル以外は仕掛けないようにしましょう。

 

フィギュア一覧に戻る

プレート一覧に戻る

フィギュアランキング

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク