コマスターでは、3体揃えると強力なデッキになるフィギュアがあります。

 

その中でも、カプ・レヒレは非常に使い勝手の良いポケモンといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

カプ・レヒレ3体ローテーションでエントリーポイントから解放される

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

コマスターの戦術の基礎は、自軍のエントリーポイントを守りながら戦うことです。

 

エントリーポイントを相手に乗られてしまうと、ベンチからポケモンを移動できなくなってしまうからです。

 

そのため、エントリーポイントは重要な拠点となるのです。

 

しかし、そのエントリーポイントに縛られないデッキ構築が存在します。

 

それがカプ・レヒレ3体デッキです。

 

カプ・レヒレがフィールドにいる場合、ベンチの『みず』ポケモンをエントリーから1歩離れた場所に移動させることができます。

 

つまり、エントリーポイントを潰されていても、ベンチからポケモンを排出することができるのです。

 

さらに、ポケモンセンターに入るのは2体までなので、カプ・レヒレを3体デッキに入れておくと、そのローテーションが途切れることはないのです。

 

このデッキの優れた点は、『げんきのかたまり』が『ロングスロー』と同じ効果を得ることができる点です。

 

何故なら、ポケモンセンターに眠っている『みず』ポケモンを『げんきのかたまり』で呼び出したら、そのポケモンはカプ・レヒレの特性効果で『ロングスロー』のように移動させることができるからです。

 

他の3体は『みず』ポケモンである必要はない

カプ・レヒレの特性効果を考えると、あとの3体も『みず』にしなければならないと思いがちです。

 

確かに、マナフィグソクムシャを入れておくと、MP1ポケモンを移動させやすくなるメリットはあります。

 

ただし、『みず』ポケモンだけで現環境のすべてを対策することは難しいです。

 

それなら、他のタイプのポケモンを組み合わせたほうが勝率が上がるというわけです。

 

カプ・レヒレは低火力に部類されてしまうので、高火力ポケモンを揃えるのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

もちろん、このデッキにも隙はあります。

 

まずは、カプ・レヒレの白ワザが倒しやすい点です。

 

そして、ゴールキーパーの包囲を阻止しづらいという難点もあります。

 

エントリーから1歩隣りの場所(ゴール付近)にコマを置かれてしまうと、そのエントリーからは妨害することができなくなってしまうのです。(『みず』以外のタイプを入れていれば防ぐことができるので、やはり1体は違うタイプを入れたほうが良いのです)

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク