バンギラスに3度目の強化が行われます。

 

しかし、最大火力が変わるパラメータ修正ではありませんでした。

 

スポンサーリンク

バンギラスは3度目の強化でも火力不足……メガシンカに期待したい

『出典・ポケモンコマスター公式サイト』

 

600族のポケモンは、ほとんどEXとして登場します。

 

しかし、バンギラスはRポケモンとして登場したため、火力不足となっています。

 

『じしん110』は追加効果があるので仕方がないですが、それでも『かみつく50』『かみくだく70』の組み合わせは低火力です。

 

今回、『かみくだく70』が『ドラゴンテール90』に変更となりましたが、もっとも不安定な『かみつく50』が残ってしまう形となりました。

 

サナギラスが『うちこわし』の特性を得たことで進化しやすくなっていますが、+10アップでも『じしん』は120ダメージとなります。

 

つまり、バンギラスの火力では現環境のアタッカーには相応しくないのです。

 

メガシンカに期待

ここで気になるのが、パラメータ修正と一緒にバージョンアップも行われることです。

 

つまり、新しいフィギュアが追加されるわけです。

 

これは、メガバンギラスが登場することを示唆しているといえるでしょう。

 

メガシンカすれば、どんなポケモンでも高火力になるため、バンギラスでも現環境を勝ち抜くすべとなりそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ただし、メガシンカの要素があろうと、バンギラスのもともとのステータスはそのままです。

 

つまり、メガシンカが終われば倒しやすいRポケモンに戻ってしまうということです。

 

バンギラスを採用する場合は、メガシンカのタイミングが重要となりそうです。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク