『出典・ポケモンGO公式ツイッター

 

ポケモンGOは、世界中どこでもプレイすることができるスマホアプリです。

 

もちろん、レイドバトルも地方(田舎)を問わず行うことができます。

 

しかし、レイドバトルは人が集まらなければボスポケモンに勝つことができません。

 

そのため、バンギラスやカビゴンを諦めて、3レベルで泣き寝入りするプレイヤーがほとんどだったようです。

 

なので、伝説レイドも同じようになると思われていました。

 

ところが、伝説のポケモンの魅力のおかげか、各地である変化が起こっているようです。

 

スポンサーリンク

地方プレイヤーの結束力が凄い!これぞレイドバトル

都心などの人が集まる場所だと、伝説レイドが始まれば黙々と現地にやってきて、そして去っていきます。

 

スマホを片手に持った人々が集まるので、その人たちがポケモンGOプレイヤーであることは聞かずとも分かります。

 

ただ、ほとんどの人は一言も話さずに、目的が達成すると帰っていきます。

 

所詮は仮想世界の出来事であり、現実のプレイヤーとは関わらないのがマナーにさえ感じる雰囲気があります。

 

ところが、地方だとそうはいきません。

 

何故なら、人が集まらないうえに入るタイミングがバラバラであり、ジムに入ってひたすら待つ人と、入らずに人数が集まるのをじーっと観察している人に分れるからです。

 

すると、地方では車から降りてトレーナーたちに声をかける人が現れるのです。

 

そのおかげで、新たな人が集まるまで待ち続けたり、入るタイミングがぴったりと合って人数が揃うのです。

 

バトルが終われば「お疲れさまでした」と挨拶をかわし、次のレイドバトルを行う場所を教え合う場面も見られます。

 

これぞレイドバトルという素晴らしい光景だといえるでしょう

 

祝日や午後の駅前など、ある特定の時間帯にしか見られない共闘ですが、それでも伝説のポケモンをゲットするという目的のために声を掛け合うのは、都会では絶対に見られない現象だといえるでしょう。

 

優遇されない地方だからこそ生まれたポケモンの絆のようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

年寄りばかりがプレイしている印象があるポケモンGOですが、レイドバトルを行うのは若者や中年が多いです。

 

だからこそ、積極的に声をかける人間もおり、結束してレイドバトルを行うことができるのです。

 

都会のようにサクッとバトルをしてゲットできるのは魅力的ですが、地方でのレイドバトルは倒した時の達成感がまったく違います。

 

それこそ、ポケモンGOのPVを見ているような熱いバトルが楽しめるのです。

 

スポンサーリンク

人気記事

【ポケモンGO】ストーカーによる個人攻撃が恐怖でしかない体験談!マナーを守りましょう

【ポケモンGO】ルギアレイドは倒すよりゲットが困難!シカゴの配布が羨ましい・・・

【ポケモンGO】PGOサーチ閉鎖の理由は?7月23日で幕を閉じるワケ

【マーシャドー配布】厳選の個体値や性格、技、特性は?

【ホウオウ配布】コロコロ8月号の厳選の個体値や技、特性は?

【ミュウ配布】ポケモンラリー2017セブンの厳選の個体値、技、特性は?

【ビクティニ配布】トウホクリニューアルの厳選の個体値、技、性格は?