ポケモンGOでミュウに遭遇できるリサーチ機能が、ついに実装されました。

 

ただ、フィールドリサーチで出現するポケモンは少々ガッカリです……。

 

スポンサーリンク

フィールドリサーチの出現ポケモンの種類がガッカリ……大発見しか望めない?

 

フィールドリサーチをこなすと、草むらからポケモンが飛び出すことがあります。

 

画像のように『訪れたことがないポケストップ3個を回す』『ポッポかヤミカラスを3匹捕まえる』『ジムバトルを1回する』というフィールドリサーチをクリアすると、ポケモンのゲットチャンスになります。

 

ワクワクしながら報酬を受け取ると、以下のポケモンたちが草むらから飛び出してくれました▼

 

 

……ええ、正直ガッカリしてしまいました。

 

現在はミュウを追うイベント期間中のためか、カントー地方縛りがあるようで、すでに何度もゲットしているポケモンばかりが出現しており、まったくテンションが上がらないフィールドリサーチとなっています。※ドンメル、デルビルなども出てきましたが、やはりカントーのポケモンが多いことは間違いなさそうです。

 

他にもゲットしましたが、珍しいと思えるのはワンリキーとカイロスぐらいでしたね。

 

 

もっとも、初日からプレイされている方からすれば、今さらかもしれませんね。

 

そのため、フィールドリサーチのポケモン報酬は期待しづらいようです。

 

フィールドリサーチをこなすごとに報酬も上昇する?

初めはポニータやアーボだけでしたが、あとからワンリキーやカイロスも出現するようになりました。

 

ただ、フィールドリサーチは内容によってポケモンの種類が依存しているようで、出現するポケモンは決まっているみたいです。

 

レイドバトル5回がバクフーン、ドラゴンタイプ1匹ゲットがミニリュウでしたので、この辺りが優秀なフィールドリサーチになるのかもしれません。

 

大発見は期待できる

大発見は、1日1回のスタンプをコンプリートすることで発生するイベントです。

 

なんと、今まで登場した伝説のポケモンと遭遇することができるようです。

 

現在はカントー縛りなので、ファイヤー、フリーザー、サンダーあたりのようですね。

 

何より、ボールの種類を選べるため、モンスターボールにこだわることも可能ということです。

 

1週間後が待ち遠しいですね。

 

スポンサーリンク

おわりに

 

なんと、ウィロー博士はオーキド博士に指導を受けていたみたいです。

 

151匹しか発見できなかった博士から何を学んだかは知りませんが、彼にとっては恩師にあたるようです。

 

もしかすると、発見される幻のポケモンによって、他の博士たちの話も登場するかもしれませんね。

 

今後のスペシャルリサーチにも期待したいところです。

 

関連記事

ミュウをゲットする前にやるべきことはボール数と場所

『グレートスロー』の出し方!投げるコツは?

ポケモンGO体験談

スポンサーリンク