この内容は、『めざせジムリーダー』の第1章~2~です。

 

『めざせジムリーダー』の各章は、こちらから閲覧することができます▼

ポケモンGO体験談『めざせジムリーダー』もくじ

 

スポンサーリンク

【第1章】30代無職、ポケモントレーナーになる~2~

4・ポケモン上の都合で退社します

出社するなり、聡は上司に深々と頭を下げた。

 

「今まですいませんでした」

 

『いわなだれ』の怯みでも貰ったように、上司は口をあんぐりと開けて動けずにいた。しかし、聡は手を緩めることなく、怒涛の攻撃を浴びせていく。

 

「企業が欲しい人材は、PWCSに出場できるような読み合いに長け、現環境の対策をしっかりと考察している人物であることを、イマサラタウンですが気づくことができました。オレ、就職氷河期世代だったから、中途採用でも『とりあえず入れればいい』という気持ちでこの企業を選んでしまいました。でも、そんなことじゃダメなんですよね。XYレートの考えでパーティを組んでも、ORASレートでは通用するわけがないんです」

 

上司は落ち着くためか、とりあえず置いてあった缶コーヒーを飲み干した。一呼吸おいて、聡と向き合う。

 

「まっ、あれだ。例え話は一つもピンとこなかったが、お前が反省していることは十分すぎるほど伝わったよ。いやー、分かってくれればいいんだよ。これからは気持ちを入れ替えて、頑張ってくれたまえ」

「はい、今までお世話になりました」

「うむ、ご苦労様……え?」

 

机に置かれた白い封筒を見せられ、上司は聡を二度見した。聡の表情は、実に爽やかな笑顔だった。

 

「お、お前っ!やめるって、この先どうする気なんだ!」

「とりあえず、トレーナーを本気で目指そうかな、と思います」

「……スポーツのトレーナーか?」

「いえ、ポケモントレーナーです」

 

上司は、手にしていた缶コーヒーを滑り落とした。聡は一礼すると、唖然としていた先輩たちにも笑顔で会釈をして、会社を後にした。

 

スポンサーリンク

5・定年退職した父

「何を考えているのだ、お前は」

 

親子三人の夕食は、いつも母だけが喋るところだが、今日ばかりは父の口が止まらない。

 

「お前、今年で三十になるんだぞ。三十過ぎたら就職しづらくなるんだ」

 

父の言葉に聞く耳を持たず、聡は黙々と食べていた。更に言葉を重ねようとした父に、母は「大丈夫、聡ちゃんなら分かってるわよ」となだめた。

 

だが、父は箸をテーブルに叩きつけるように置いた。そこまでされては、聡も箸を置くしかない。

 

「何度も仕事を辞めて、次はユーチューバーだ?お前はただ、ゲームがしたいだけだろ!」

「ユーチューバーは、すでに確立されたビジネスだ。無謀じゃない」

「三十路手前で夢みたいなこと抜かすな!」

 

父は立ち上がったあと、バタンッ、とドアを閉めて、寝室に入ってしまった。母はため息をついたあと、聡の肩に手を置いた。

 

「お父さんは聡ちゃんが心配なのよ、分かってあげて。ほら、お父さん定年退職したし、色々思うところがあるのよ」

 

去り際に見た父は、染めたように真っ白な髪だった。自分が大人になるにつれ、親は老いていくことを今更ながら理解した。

 

「うん、分かってるよ」

「そうだ、お母さんもポケモンが配信されたら、やってみようかしら」

「ええ?LINEも送れないのに?」

 

でも、聡はそうなれば良いかもしれないと思った。父と同世代の母も、健康のためにこまめな運動が必要だと医師に忠告されていた。

 

ただ、散歩も長続きしなかった飽き性の母が、ポケモンGOをプレイし続けるとは思えなかった。

 

夕食を食べ終えた聡は自室に戻ると、ベッドに転がりながらスマホを操作した。

 

 

アッシュ@キミに決めた

『ポケモントレーナーになるために仕事辞めたわ』

 

※※※@※※

『リアルサトシ爆誕wwwwwwwwww』

※※※@※※

『アメリカでそんな奴おったわ、日本にも実在してて草』

※※※@※※

>>1

『ザマァァァwwwwwwwwww』

 

 

聡は『プロフェッサーオーク@ポケモン川柳』の書き込みを待っていたが、今日に限っては返答がなかった。

 

「これは、マジで積んでるのかもな……」

 

聡は額にスマホを乗せ、深いため息をついた。

 

≪続きを読む≫

 

スポンサーリンク