P-GOサーチが機能を停止した今、使えるポケモンマップがなくなったと言われていました。

 

ところが、復活したポケモンマップがあったようです。

 

その名も『FastPokeMap』(ファストポケマップ)です。

 

スポンサーリンク

『FastPokeMap』(ファストポケマップ)とは?

『FastPokeMap』は、海外ユーザーが作っているサイトです。

 

スマホ版もあるようです。

 

海外のサイトと聞いて拒否反応が起こる方は、あまりオススメしません。

 

今のところ問題は起こっていませんが、非公式サイトであることには変わりありません。

 

『FastPokeMap』の使い方

サイトにアクセスすると、中央に広告のようなものが表示されますが、1番下のバツを押して下さい。

 

最初の画面は、外国の地域が映し出されていると思います。

 

ちょうど右端に虫眼鏡のアイコンがあるので、クリックします。

 

すると、中央に文字を入力する画面が表示されます。

 

ローマ字入力で、見たい地域を入力します。

 

完了したら、虫眼鏡アイコンをクリックします。(下のバツではありません)

 

画面が日本にジャンプしたら、調べたい場所をクリックするだけで自動にサーチしてくれます。

 

サーチ中は、真下のセンサーが動いています。止まるまで、待つ必要があります。

 

サーチ終了後、調べたい場所を再びクリックします。この繰り返しです。

 

スポンサーリンク

『FastPokeMap』の安全性やURLまとめ

P-GOサーチでも話していますが、使用できる=問題が起きていない=安全、というわけではありません。

 

公式であるナイアンティックさんは、ポケモンマップがユーザーの妨げになっていると考えています。(ユーザーたちがどう思っているかは別にして・・・)

 

不正ツールを見張るコイルも登場しており、『FastPokeMap』のアプリ自体を不正と見なす可能性もあるのです。

 

スマホでダウンロードする際は、自己責任が問われることになります。

 

Webサイトだとスマホを介さずに閲覧することができるので、こちらのほうが安全かもしれません▼

『FastPokeMap』(ファストポケマップ)のURL(https://fastpokemap.se/)

ポケモンGOのトップページに戻る

スポンサーリンク