ポケモンGOをプレイしていると誰もが知っている、理解できる『あるある』ネタが存在します。

 

今回は、『ポケモンGOあるある』をまとめてみました。

 

この記事を読めば、ポケモンGOのことを知らなくても、ある程度の知識を得られると思います。

 

なお、ここに書かれている分類は、実際のポケモン図鑑とは異なりますのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

ポッポ

タイプ

ノーマル、ひこう

分類

マラソンポケモン

紹介文

『ポッポマラソン』という新たな言葉を生み出したポケモン。

 

進化するために必要な『ふしぎなアメ』が最も低い12個であり、どこを歩いても出現するポケモンなので、進化ボーナスの500XP(経験値)を効率よく稼ぐことができる。

 

大量に『ポッポのアメ』をかき集めた後、『しあわせタマゴ』を使用してXPを倍にする『ポッポマラソン』は、トレーナーレベルを上げるのに役立つ。

 

コラッタ

タイプ

ノーマル

分類

XPポケモン

紹介文

ゲームの本家では、『格差ポケモン』とも呼ばれるポケモン。

 

同じ分類である『ねずみポケモン』のピカチュウとの扱いに天と地の差があるため、まったく注目を集めることができない。

 

ポケモンGOでは、進化するために必要な『コラッタのアメ』が25個であるばかりに、XPの効率の良い上げ方『ポッポマラソン』にさえなれない可哀想なポケモン。

 

「別に欲しくはないけれど、捕まえたら100XP貰えるからいいや」という気持ちでしか『モンスターボール』を放ってもらえない。

 

ビードル

タイプ

むし

分類

ほしのすなポケモン

紹介文

ポケモンを強化することができる『ほしのすな』をゲットするためだけに捕獲されているポケモン。

 

進化に必要な『ビードルのアメ』は12個なので、『ビードルマラソン』になる可能性を秘めていたが、出現率がポッポと比べると若干劣るため、注目の機会を逃す。

 

ピジョン、ラッタ、コクーン、トランセル

分類

食い逃げポケモン

紹介文

それほど強くもなく、絶対に欲しいポケモンでもないにも関わらず、捕獲率が異常に低くなるポケモン。

 

『モンスターボール』を何度も投げても入らず、たっぷりと使わせた後に逃げるという所業を行う。

 

なお、すべての進化形ポケモンがこれに該当し、トレーナーによって『食い逃げポケモン』は変化する。

 

スポンサーリンク

ラプラス

タイプ

みず

分類

騒動ポケモン

紹介文

レアポケモン中のレアポケモンのため、ひとたび出現するだけで、ポケモンGOプレイヤーたちが一目散に走り出してしまうポケモン。

 

めざましテレビでもその狂気が報道され、知名度が全国区になる▼

めざましテレビが『ラプラス騒動』を取り上げる!ポケモンの聖地、P-GO SEARCHも調査

 

ゲームの本家では、ラプラスは人懐っこいポケモンのため、乱獲されて数が激減したと言われているが、現実世界でも同じことが起こった数少ない事例。

 

シャワーズ

タイプ

みず

分類

当たりポケモン

紹介文

イーブイの進化形はランダムなので、ブースターサンダースではなかったときにトレーナーが「当たり!」と叫んで喜ぶポケモン。

 

シャワーズの最大CPは2800以上もあり、これは第1世代の中で6位に入る。(伝説、幻を除く)

 

ジムの攻防戦に生きがいを覚えるトレーナーは、是が非でも大量生産をしたいポケモンなので、イーブイの進化エフェクトを祈るような気持ちで見ている。

 

ただし、条件があえば選ぶことも可能である▼

イーブイの進化形を選べる裏ワザ

 

サンダース

タイプ

でんき

分類

ハズレポケモン

紹介文

個体値が高いイーブイをシャワーズにしようとするときに限ってやってくるポケモン。

 

最大CPがイーブイの進化形の中で最も低く、ジムに乗せると必ず最下層になってしまうので、あまり好まれない。

 

シャワーズとはタイプ相性が良いので勝てるはずなのだが、HPが低いせいで打たれ弱く、熟練者でなければ扱うことは困難。

 

ギャラドス

タイプ

みず、ひこう

分類

コイキング送りポケモン

紹介文

進化させるために、『コイキングのアメ』が400個も必要なポケモン。

 

少しでも数を稼ぐため、『博士に送る』で大量のコイキングを送らなければならない。

 

それほどの苦労をかけたにも関わらず、シャワーズよりも最大CPが低いという割りに合わないポケモンでもある。

 

カイリュー

タイプ

ドラゴン、ひこう

分類

てっぺんポケモン

紹介文

ポケモンGOのフィールドを見ると、必ずジムのてっぺんに居座るポケモン。

 

最大CPが第1世代の中では最高値なので、こういう結果となっている。

 

人気のアタッカーであるシャワーズの『みず』技を半減できるのも、カイリューの人気の秘密である。

 

なお、『ドラゴン』タイプが天下を取り続けるのは、第2世代が参戦しても変わらない予感がトレーナー間では囁かれている▼

ポケモンGO第2世代の最大CP一覧表とランキング

ポケモンGOのトップページに戻る

スポンサーリンク