ポケモンGOの目的の1つは、ポケモン図鑑を完成させることです。

 

そのためには、『ふしぎなアメ』が必要となります。

 

ただし、本家で使われる『ふしぎなアメ』とは性質も名前もまったく異なります。

 

スポンサーリンク

『ふしぎなアメ』はポケモンの数だけある

名称を分かりやすくするために『ふしぎなアメ』という名前にしていますが、実際はポケモンの数だけアメの名前が異なります。

 

『コラッタのアメ』『ビードルのアメ』『ピカチュウのアメ』といった感じです。

 

ただし、進化後のアメは進化前のアメで代用することができます。そもそも、そんなアメが存在しません。

 

例えば、『ピジョンのアメ』は存在せず、『ポッポのアメ』でピジョットに進化できます。

 

『ふしぎなアメ』の入手方法

『ふしぎなアメ』を手に入れるためには、ポケモンを捕まえる必要があります。

 

ポケモン1匹につき、3個ゲットできます。

 

ただし、ポケモンはバラバラにしか出現せず、効率よく集めるためにはたくさんのポケモンと出会うしかありません。

 

気が短い方は『おこう』や『ルアーモジュール』などを使ってポケモンをおびき寄せましょう。

 

孵化させる

孵化させることで、ボーナスとして通常の『ふしぎなアメ』より多く貰うことができます。

 

孵化させる距離によって、『ふしぎなアメ』の数は変わってきます。

 

2kmなら6~9個、10kmなら20個もらえる場合もあり、ポケモンによっても異なるようです。

 

とはいえ、野生で捕まえるより『ふしぎなアメ』を入手することが可能なので、どんどん孵化させていきましょう。

 

スポンサーリンク

博士に送る

『博士に送る』ことで、お礼に『ふしぎなアメ』を1つ貰うことができます。

 

ただし、送ったポケモンは2度と戻ることはありません。

 

『博士に送る』方法は、こちらの記事で詳しく紹介しています▼

『博士に送る』とは?メリットとデメリット

 

進化させる

意外と知らない方が多いようですが、実は進化するとボーナスとして『ふしぎなアメ』が1つ入手できます。

 

つまり、ビードルを12匹進化させたら、ボーナスで1匹進化させることができるということです。

 

もちろん、それに見合う数のビードルを入手していることが条件です。

 

スポンサーリンク