7月31日にポケモンGOがアップデートしました。これにより、様々な機能が改善されています。

 

スポンサーリンク

ポケモンGO『アップデート0.31.0』の内容

技のダメージが修正

ポケモンGOは、連射ができる技のほうが有利でした。

 

その事態をうけ、技のダメージが変更されています。

 

基本的には、連射できる技が弱く、一撃必殺の技が強くなっています。

 

これにより、カビゴンシャワーズが以前より弱体化しています。

 

ジムのアニメーションを一部調整

ジムで、バグやアニメーションのブレなどがありました。

 

それらが、ある程度は改善しているようです。

 

メモリーの問題を改善

これにより、ゲーム中に画面が落ちる(消える)ということが少なくなったようです。

 

近くのポケモンから足あとを削除

バグのせいで、まったく機能していなかったようで、ついに削除されてしまいました。

 

本来なら、ホーム画面の右下に表示されているポケモンに足あとが表示され、それを確認することでポケモンとの距離が分かる予定でした。

 

スポンサーリンク

エンカウント中のバグを修正

エンカウントとは、ポケモンの出現に関することです。

 

バグを確認したことはありませんが、よりポケモンとの遭遇がスムーズにできるようです。

 

ポケモンの詳細画面を更新

変わったのは、『博士に送る』という項目が、下にスクロールではなく、右下に表示されたボタンで行うようになった点です。

 

また、そのボタンには『お気に入り』も選択することが可能です。

 

もちろん、従来通りに右上の☆をクリックすれば『お気に入り』に加えることもできます。

 

メダルの画像を更新

ノルマを制覇すると貰うことができるメダルの画像が変更されています。

 

今までは全てが同じ画像でしたが、ジョギングならランニングシューズ、ブリーダーならタマゴなど、分かりやすくなっています。

 

マップの表示の不具合を修正

これを望んでいた方も多かったと思います。

 

今まではぐちゃぐちゃだったマップが、元通り綺麗になっています。

 

何故、こういう現象が起こったのか、こちらの記事で詳しく説明しています。

 

一部テキストを修正

誤解を生みやすい文章などを修正しています。

 

バッテリーセーバーの削除

アップデート報告項目には、まったく触れていない修正です。

 

設定画面から『バッテリーセーバー』という項目が削除されています。

 

この機能がうまく作動しなかったらしく、削除となったようです。

 

ポケモンGOのトップページに戻る

スポンサーリンク