ポケモンGOがアプリバージョン0.43.3にアップデートされます。

 

今回は、Android、iOSどちらも同じバージョンとなります。

 

アップデート内容の中には、記載されていないものもあるので紹介します。

 

スポンサーリンク

アップデート0.43.3の内容

ポケモンGO『アップデート0.43.3』の内容は以下の通りとなります。

タマゴの距離によって色付け

タマゴには、2km、5km、10kmの3種類があります。

 

今まではすべて緑色なので、どのタマゴが何キロなのか、見た目では判断しづらかったです。

 

アップデートにより、2kmは緑、5kmは橙、10kmは紫色となりました。

 

ポケモンの情報画面に『タイプ』アイコンが追加

『タイプ』とは、『ほのお』『みず』などのポケモンならではの概念(属性)です。

 

今までは、ポケモンの情報画面はテキストのみでしたが、『タイプ』アイコンが加わることで、そのポケモンの『タイプ』や、覚えている技の『タイプ』が一目で分かるようになりました。

 

以前よりもオシャレな画面となっています。

 

Pokémon GO Plusに電池残量低下インジケーターが追加

『Pokémon GO Plus』は、ボタン電池で動いています。

 

なので、電池が切れそうなのかそうでないのか、本体を見るだけでは判断できません。

 

『電池残量低下インジケーター』が導入されることで、電池の交換時期が分かるようになりました。

 

電池残量低下インジケーターが表示されない場合の対処法

『電池残量低下インジケーター』は言葉通り、電池が低下しているときに表示されます。

 

表示されない理由は、『Pokémon GO Plus』を動かすだけの電力があることを意味します。

 

それ以下になったとき、フィールド画面の右上に表示されている『Pokémon GO Plus』アイコンに電池低下マークがつきます。

 

ショートカットキャンセル機能が追加

アップデート内容のテキストには紹介されていませんが、『キャンセルボタン』を押さずにショートカットキャンセルができるようになりました。

 

試しに、ポケモン画面か道具画面に移動してください。

 

その画面の真下には、バツのマークがあると思います。これが通常の『キャンセルボタン』です。

 

下に隠れている項目を閲覧するとき、指を上にスワイプして下に移動し、見終わったら『キャンセルボタン』を押すと思います。

 

そうではなく、指を下に向かってスワイプすると、真上にバツのマークが出現するようになったのです。(ただし、項目の1番上)

 

その状態で指を離すと、フィールド画面に戻ります。これが『ショートカットキャンセル』です。

 

・・・正直、下のバツを押そうがスワイプして消そうが同じ速度なので、お好みの方法でキャンセルしましょう。

 

スポンサーリンク

新たに発生したバグ

まず、アプリを起動したときの処理が遅くなっています。

 

また、バトル中のポケモンがボールから出てきた後、項目が表示されないバグも発生しています。

 

一部のユーザーは、『Pokémon GO Plus』が反応しなくなっているようです。(ハロウィンイベント後)

 

極めつけは、『Pokémon GO Plus』を起動中にスマホをスリープモードにし、再び電源をつけると主人公が真っ黒いシャドーカラーになっています▼(プラスを使わずにスリープモードにしてもなります)

 

kuro-bagu

 

アップデートするたびにバグが発生するのが当たり前、となりつつあるポケモンGOです。

 

しっかりとした検証後に配信してもらいたいものです。

 

ちなみに、シャドーバグの直し方は、1度スマホをアプリ画面から待ち受け画面に移動させ、再びアプリを開くと元に戻ります。

 

アップデート0.43.3の内容まとめ

今回はマイナーチェンジのアップデートとなりました。

 

秋も深まる中、プレイヤーの飽きが加速しないことを祈るばかりです。

 

次こそは、トレード機能のアップデートとなるかもしれません。

 

ポケモンGOのトップページに戻る

スポンサーリンク