2016年9月8日に放送されたポケモンアニメXY&Z第41話『突撃ミアレジム!シトロイドよ永遠に!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

ポケモンXY&Z第41話の内容

マノンとセレナ、プラターヌ博士は、ロケット団の報道用ヘリで、フラダリラボに向かっていました。

 

到着するや否や、激しい攻防に苦戦するセレナです。

 

そこへ、ホウエン地方のチャンピオンであるダイゴが、メタグロスに乗ってやってきます。

 

「やる気かい?誰が強くてスゴイかって思い知ることになるよ?」(ゲーム内の名台詞のアレンジ)

 

ダイゴは、ホウエン地方でレックウザ、グラードン、カイオーガが奪い合っていた巨石を取り返しに来たようです。(その設定、忘れていました)

 

ロケット団も負けじと正体を表し、セレナたちをハリさんのもとへたどり着けるように体を張ります。

 

ダイゴの活躍もあり、見事に救出することができました。

 

 

一方、ユリーカはバシャーモ仮面とともに、支配されたプニちゃんの前へと立ち塞がります。

 

しかし、ユリーカの声が聞こえず、ツタで攻撃してきます。間一髪で、パパであるバシャーモ仮面が身代わりになります。

 

すると、ユリーカは泣きながら『プニちゃんのうた』を口ずさみました。

 

『りゅうのはどう』の力が高まっていく中、ユリーカは構わず声を張り上げて歌います。

 

バシャーモ仮面とバシャーモがユリーカをかばうように前に出ましたが、その必要はありませんでした。

 

『りゅうのはどう』は違う方向へと放たれ、プニちゃんはセルを解放しました。ユリーカの声が届いたのです。

 

もう離さないと、ユリーカはプニちゃんを強く抱きしめました。

 

 

一方、シトロンはプリズムタワー内に侵入していました。

 

Z2を操っている『メガシンカエネルギー』の装置を守るため、最高幹部であるクセロシキが立ち塞がります。

 

クロバットとカラマネロを繰り出しますが、ジムリーダーとして戦ってきたシトロンを止めることはできません。

 

レントラーでなんとか押し切ると、シトロイドが事前にジムに仕掛けていた落とし穴を起動させ、クセロシキを落とします。

 

これでようやく、装置を止めることができます。

 

そうすることでZ2は解放され、カロスの危機を回避することができるのです。

 

シトロイドは『メガシンカエネルギー』装置をシャットダウンさせるため、同期していました。

 

「このまま、強制的なシャットダウンを行った場合、私のメインメモリーも消去されます」

 

シトロンがそれを拒否すると、シトロイドは語り始めます。

 

「私の知っているシトロン様は、ミアレジムの誇り高きジムリーダー。あなたは優しく、人のために尽くすことができるお方です。あなたならできる、できます」

 

『OK』ボタンを押さなければ、何も救えないことはシトロンにも分かっていました。

 

しかし、その目には涙が溢れていました。

 

「あなたは世界を救える人です。あなたは私に言いました。共に成長していきましょうって。嬉しかったです、ありがとう」

 

お別れの言葉を聞き、シトロンはボタンをクリックしました。「君と出会えてよかった」と口にしながら。

 

 

そして、サトシとアランは、フラダリとの最終対決を迎えていました。

 

しかし、圧倒的なメガギャラドスの前に、オンバーン、ルチャブル、ヌメルゴン、ファイアローと倒れていきます。(ヌメルゴン、君は本当に何しに出てきたのですか・・・)

 

メガシンカこそ、ポケモンの闘争本能を引き出す最強の力だと語るフラダリを、サトシは否定します。

 

「闘争本能だかなんだか知らないけど、ポケモンたちの力はそれだけじゃない!旅の中で気がついたんだ。オレとポケモンの力は、お互いを信じ、お互いが大好きで大好きでしょうがないっていう気持ちだ!分からないなら、ここでお前に教えてやる!」

 

それを否定するようにメガギャラドスの『はかいこうせん』が放たれますが、パキラのメガヘルガーが割って入ります。

 

裏切った理由を尋ねられたパキラは、サトシとアランを見て、その可能性にかけたくなったと話します。彼らなら、こんな世界でも変えることができる。まだ、力のない子供たちに手を差し伸べるのも、大人の務めだと・・・。

 

そして、サトシが主人公らしい名言を口にします。

 

「フラダリ。お前がこの世界を嫌いになろうがなんだろうが、世界は人とポケモン、みんなのものなんだ。壊すとか変えるとか、明日が来ないとか勝手なことを言うな!明日には大切な人に会える人も、明日には夢を叶える人も、明日にはトレーナーとして旅立つ人も、明日には傷が治る人も・・・1人1人に明日があるんだ!その明日を奪っていい理由がどこにあるんだよ!だからオレは、ポケモンたちと明日のために戦う!」

 

しかし、フラダリにはまだ秘策が残されていたのです。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

ポケモンXY&Z第41話の感想

『プニちゃんのうた』がこれほど良い曲に聴こえたのは、今回が初めてでした。

 

最近、『ピカチュウのうた』がカットされていた理由が頷ける、エンディングテーマの変更といえるでしょう。

 

そして、シトロイド、感動をありがとう。

 

ロボットとは思えないくらい、主人に気を遣えるスーパーアンドロイドでした。

 

まさか、30分間で、これほど感動を詰め込んでくるとは、先週は思いもしませんでした。

 

それを締めくくる、サトシの名台詞2連発です。

 

かつてはボケとツッコミしか言わなかったサトシが、主人公のような台詞を口にするとは、19年前は想像もしませんでした。

 

きっと、来週も正義の味方として戦ってくれることでしょう。

 

 

さて、来週は1時間スペシャルです。

 

『進撃する巨石!カロス防衛線!!』『反撃のジガルデ!カロス最終決戦!!』の2本立てです。

 

そして、アニメ終了後、重大発表があるようです。(サン&ムーン編です)

ポケモンXY&Z第42話『進撃する巨石!カロス防衛線!!』の感想

 

アニメ一覧に戻る

スポンサーリンク