ポケットモンスターサン、ポケットモンスタームーンの最新映像が公開されました。

 

新ポケモン『ガラガラ』が登場しました。

 

もちろん、通常のガラガラではなく『リージョンフォーム』した姿です。

 

スポンサーリンク

ガラガラ

分類

ほねずきポケモン

タイプ

ほのお、ゴースト

高さ

1.0m

重さ

34.0kg

おにび

特性

のろわれボディ(接触する技を受けた時、3割の確率でその技を『かなしばり』にする)

ひらいしん(『でんき』技を無効にし、『とくこう』ランクが1段階上がる。ダブルの時、『でんき』技を引き寄せる)

進化経路

カラカラ→ガラガラ(アローラで進化させると、リージョンフォームした姿となる)

紹介文

アローラ地方のガラガラは、骨を額に当てて勢いよく擦ることで骨に不思議な炎をまとわせる。

 

ガラガラは、その珍しさと骨を持って舞う姿から、アローラ地方の人々に魔術師と呼ばれ恐れられた。

 

アローラ地方には、天敵のくさタイプのポケモンが多数生息し、カラカラやガラガラには過酷な環境。

 

そのため、仲間と強く結束して生きており、仲間への想いから霊感に近いものを得て、姿を変えたといわれている。

 

ガラガラは、骨を振るって火の玉を放つ攻撃も得意。

 

ガラガラの放つ火の玉は、威力はそれほどでもないが、相手を追尾して追い詰める。

 

スポンサーリンク

ガラガラの評価

被っている骨の色は変わりませんが、額にはマークのようなギザギザがついています。

 

体は黒く、武器として持っている骨は緑の炎がまとわりついています。

 

何故、『ゴースト』タイプになったかを知るためには、初代である『ポケットモンスター赤』『ポケットモンスター緑』をプレイしている必要があります。

 

カラカラの子を想う、ガラガラの母親・・・その姿、そのものなのでしょう。

 

弱点は豊富にある組み合わせのタイプですが、きっと強力な技や隠れ特性、または種族値などを期待しましょう。

 

サンムーンの新ポケモン一覧に戻る

スポンサーリンク