ポケットモンスター最新作『Let`s Goピカチュウ』『Let`s Goイーブイ』の最新映像が公開されました。

 

この映像では紹介されていませんでしたが、気になるのはやはりポケモンバンクとの連動ですよね。

 

スポンサーリンク

レッツゴーピカチュウは従来とここが違う

『出典・ポケモン公式サイト』

 

レッツゴーピカチュウ、レッツゴーイーブイは、本編のポケモンとは異なるゲームスタイルとなっています。

 

まず、野生のポケモンとのバトルがありません。

 

 

シンボルのポケモンとぶつかることでゲットチャンスになり、ポケモンGOのように捕まえることになります。

 

 

つまり、野生のポケモンバトルで得られる基礎ポイント(努力値)が存在しない可能性もありそうです。

 

ただ、トレーナーバトルはあるようです。野生のポケモンで経験値が取得できないので、レベルはどうなるのでしょうか?

 

 

しかも、本作では2人プレイが可能なので、ポケモンバトルはもちろん、ゲットするときも一緒にモンスターボールを投げることができます。

 

レッツゴーピカチュウはポケモンシリーズ本編の完全新作ではない

ここまで紹介したらもうお分かりでしょうが、今回のレッツゴーピカチュウはポケモンシリーズ本編の完全新作ではありません

 

完全新作は、2019年頃に登場するようです。

 

本作は、ポケットモンスター黄のリブートであり、どちらかと言えばアナザーストーリーのような世界観となります。

 

レッツゴーピカチュウとポケモンバングの連動はどうなるのか?

オンライン機能はつくとのことですが、あくまでレッツゴーピカチュウ、レッツゴーイーブイのみである可能性が高いみたいです。

 

そのため、レッツゴーピカチュウはポケモンバングに非対応が濃厚のようです。

 

それなら、努力値の概念がないのも頷けますよね。

 

ポケモンGOとは連動

レッツゴーピカチュウと過去作の互換性を切ったのは、おそらくポケモンGOと連動できるからだと思います。

 

仮にレッツゴーピカチュウからポケモンGOにも移動できる場合、過去作のポケモンを移動させると改造などの問題が出てくるからでしょう。

 

また、新たなアクセサリー『モンスターボールPlus』も登場し、ポケモン1匹を持ち歩くことができるようです。

 

それによってポケモンにどんな影響があるのか、気になるところですね。続報を期待しましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ポケモンGOのポケモンをどれだけ移動できるのかも気になるところです。

 

ポケモンボックス代わりにレッツゴーピカチュウを購入させるつもりなら、かなりの数が期待できそうですね……。

 

ポケモンGOとの連動は他にも隠された要素があるみたいなので、続報に期待したいところです。

 

スポンサーリンク