特性『なわばり』は、ボスゴドラの個性でした。

 

しかし、オノンドの登場により、その役割が奪われつつあります。

 

スポンサーリンク

オノンドが縄張り争いでボスゴドラを追い出した現環境

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

ボスゴドラはパラメータ調整を受けたため、非常に使いやすいフィギュアとなりました。

 

しかし、それでも新登場のオノンドより人気が下がってしまいました。

 

その理由は、なんといってもMPの差です。

 

ボスゴドラはMP1であるのに対し、オノンドはMP2となります。

 

『なわばり』の効果が変更され、ベンチからの移動時はMP+1となりますので、オノンドはMP3で出撃することができるのです。

 

これなら、『なわばり』の効果をより適切な相手の前で発動することができるでしょう。

 

相手のエントリーポイント付近まで移動させれば、相手の攻めも守りも制限することができます。

 

そして何より、気絶系の紫ワザ『ハサミギロチン★』を備えていることが最大の強みとなります。

 

仕掛けてきた相手を返り討ちにできるため、ときには進化チャンスとして活かすことも可能です。

 

こういった理由があり、ボスゴドラよりもオノンドのほうが人気となっているのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

もちろん、ボスゴドラにはメガシンカがあるので、必ずしもオノンドに劣っているわけではありません。

 

しかし、やはりMP2の『なわばり』は非常に便利だといえるでしょう。

 

そのうえ、気絶系の紫ワザもあれば、最強のRフィギュアといっても過言ではないかもしれませんね。

 

ぜひ、オノンドを採用してみてはいかがでしょうか。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク