現環境では、『ほのお』デッキと『はがね』デッキが人気となっています。

 

そのため、現在はキテルグマが弱体化しているといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

現環境でキテルグマを使ってはいけない理由

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

キテルグマは、非常に優れた特性を持ったポケモンです。

 

特性『もふもふ』はダメージを半減する効果を持つため、メインウェポンは実質120ダメージとなります。

 

ヌイコグマから進化させれば、140ダメージまで対応することができるようになります。

 

しかも、白ワザのみで構成されているため、アタッカーとして安定したバトルを行うことができるのです。

 

しかし、現環境ではこの限りではありません。

 

『もふもふ』は、『ほのお』タイプのダメージを半減させることはできません

 

そのため、『ほのお』デッキが流行っている現環境では、キテルグマは脆くなってしまうのです。

 

ヌイコグマも同じ特性を持つため、やはり影響を受けることは避けられそうにありません。

 

スポンサーリンク

まとめ

もちろん、必ずしも『ほのお』デッキが登場するわけではありませんので、キテルグマを活躍させることはできます。

 

青ワザ持ちを気絶させることができる『ベアハック』もありますので、ウルトラビーストとの相性も良いです。

 

しかし、『ほのお』デッキが人気なのもまた事実なのです。

 

次のシーズンまでは、キテルグマは冬眠させたほうが良いかもしれませんね。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク