ポケモンカード拡張パック20th Anniversary『オーキド博士のヒント』の評価と対策の記事です。

 

これは、ポケモンカードゲーム20周年を記念し、当時のパッケージを再現したコンセプトパックです。

 

スポンサーリンク

『オーキド博士のヒント』のデータ

カードの種類

サポート

効果

このカードを使ったら、自分の番は終わる。自分の手札が7枚になるように、山札を引く。
サポートは、自分の番に1枚しか使えない。

スポンサーリンク

『オーキド博士のヒント』の評価

初期のカードである『オーキド博士』は、手札を全て捨てることで、新たに7枚を引くというものでした。

 

ヒントしかくれなくなった『オーキド博士のヒント』では、手札が7枚になるように山札から引くサポートカードとなっています。

 

しかも、自分のターンはそれで終了してしまいます。

 

サポートカードの注意事項には『サポートは、自分の番に1枚しか使えない』と書かれていますが、使ったらターンが終了してしまうのなら、特に必要がない記述となってしまいます。

 

ターンを終了してまで山札を補充すべきかは、それぞれのプレイスタイルに委ねられるサポートとなりそうです。

 

『20th Anniversary』一覧に戻る

『爆熱の闘士』一覧に戻る

『冷酷の反逆者』一覧に戻る

スポンサーリンク