サンムーンで登場する『ジジーロン』の育成論記事です。

 

厳選後の技や道具、特性を考察することで、対策にも応用できます。

 

スポンサーリンク

アローラ図鑑

244(780)

分類

ゆうゆうポケモン

高さ

3.0m

重さ

185.0kg(けたぐり100)

入手方法

ラナキラマウンテン(ムーン)

タイプ

ノーマル、ドラゴン

タイプ弱点

かくとう×2、こおり×2、ドラゴン×2、フェアリー×2

タイプ抵抗

ほのお×0.5、みず×0.5、でんき×0.5、くさ×0.5、ゴースト×0.5

特性

ぎゃくじょう(HPが半分になると、『とくこう』ランクが1段階あがる)

そうしょく(『くさ』技を無効にし、『こうげき』ランクが1段階あがる)

隠れ特性

ノーてんき(全てのポケモンは天候の影響を受けなくなる)

種族値

HP     78

こうげき  60

ぼうぎょ  85

とくこう  135

とくぼう  91

すばやさ  36

Lv.50の6V実数値(ひかえめ)

HP     153

こうげき  72

ぼうぎょ  105

とくこう  170

とくぼう  111

すばやさ  56

Lv.50の6V実数値(おくびょう)

HP     153

こうげき  72

ぼうぎょ  105

とくこう  155

とくぼう  111

すばやさ  61

覚える技(サンムーン)

00 なかよくする

00 エコーボイス

05 たつまき

09 まもる

13 へびにらみ

17 ひかりのかべ

21 りゅうのいかり

25 しぜんのめぐみ

29 りゅうのいぶき

33 しんぴのまもり

37 じんつうりき

41 りゅうのはどう

45 そらをとぶ

49 ハイパーボイス

53 げきりん

進化時に覚える技(サンムーン)

なし

わざマシン(サンムーン)

01 ふるいたてる

02 ドラゴンクロー

04 めいそう

05 ほえる

06 どくどく

10 めざめるパワー

11 にほんばれ

13 れいとうビーム

14 ふぶき

15 はかいこうせん

16 ひかりのかべ

17 まもる

18 あまごい

19 はねやすめ

20 しんぴのまもり

21 やつあたり

22 ソーラービーム

24 10まんボルト

25 かみなり

26 じしん

27 おんがえし

30 シャドーボール

32 かげぶんしん

35 かえんほうしゃ

38 だいもんじ

42 からげんき

44 ねむる

45 メロメロ

48 りんしょう

49 エコーボイス

51 はがねのつばさ

52 きあいだま

53 エナジーボール

56 なげつける

65 シャドークロー

68 ギガインパクト

73 でんじは

76 そらをとぶ

77 じこあんじ

78 じならし

80 いわなだれ

82 ドラゴンテール

86 くさむすび

88 ねごと

90 みがわり

94 なみのり

95 バークアウト

96 しぜんのちから

100 ないしょばなし

人から教えてもらう技(サンムーン)

りゅうせいぐん

タマゴ技

ぼうふう

ドラゴンダイブ

かまいたち

しろいきり

じゃれつく

スポンサーリンク

ジジーロン厳選・育成論

ジジーロンは、初の複合タイプ『ノーマル』『ドラゴン』となります。

 

種族値はアンバランスであり、『とくこう』が高くて『ぼうぎょ』と『とくぼう』がそこそこ、『すばやさ』が低めとなります。

 

性格は『ひかえめ』『おくびょう』

ジジーロンは特殊型なので、『ひかえめ』『おくびょう』がスタンダードな形となります。

 

特性『ぎゃくじょう』も『とくこう』ランクが上がるので、特殊型には必然性があります。

 

技は『はかいこうせん』『りゅうせいぐん』

ジジーロンは先制を取ることができません。

 

仮に『ぎゃくじょう』で『とくこう』がアップしても、次のターンに活かしづらいのです。

 

なので、相手を一撃で倒す必要があります。

 

『10まんボルト』『れいとうビーム』『かえんほうしゅ』『なみのり』と技のレパートリーが多いですが、やはりタイプ一致の『はかいこうせん』『りゅうせいぐん』が強力です。

 

たとえ等倍ダメージであっても、『ぎゃくじょう』を発動できれば必ず倒すことも可能です。

 

また、変化技で『へびにらみ』を覚えるので、『じめん』タイプにも『マヒ』を狙うことができます。

 

持ち物は『オボンのみ』『こだわりスカーフ』

特性『ぎゃくじょう』は優れた能力ですが、HPが半分以下にならないと発動しません。

 

次のターンは、倒されてしまうでしょう。

 

『オボンのみ』などの回復系の道具を持たせれば、そのリスクを回避することができます。

 

また、『トリックルーム』を採用できないパーティなら、あえて『こだわりスカーフ』で虚をつくのも良いでしょう。

 

ただし、ジジーロンの『すばやさ』は低いので、先手を取れるポケモンには限りがありますので、事前に調べておきましょう。

 

特性は『ぎゃくじょう』

ジジーロンの特性は、『ぎゃくじょう』がもっとも安定しています。

 

『そうしょく』は『くさ』技を無効にできるので便利ですが、上がるのは『こうげき』ランクとなります。

 

『ノーてんき』を採用するのなら、天候パーティを崩す戦術を練るところから始める必要があります。

 

ジジーロン対策

ジジーロンは技のレパートリーが多く、どんな技構成で来るのかが読みにくいです。

 

弱点を突かれるのは覚悟のうえで、特殊耐久性の高いポケモンで挑むほうが安全です。

 

とはいえ、ジジーロンは『すばやさ』が低いので、こちらが弱点を突けば一撃で倒すことも難しくありません。

 

とくに物理アタッカーなら、勝率を上げることができるでしょう。

 

スポンサーリンク