2017年1月5日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第9話『ぬしポケモンはデカグース!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第9話『ぬしポケモンはデカグース!』の内容

サトシは『Zワザ』を使えるようになるため、ハラのもとを訪れます。

 

しかし、試練を受けるためには「町でイタズラをしている、アローラのコラッタとラッタを止めるには?」というお題を出されてしまい、サトシは解答できませんでした。

 

学校に戻ってみんなに打ち明けると、リーリエ、マオ、スイレン、カキ、マーマネがヤングースのことを教えてくれました。

 

アローラでは、外来種のコラッタを退治するため、ヤングースも他の地方からやってきたエピソードがあったのです。

 

再びハラのもとを訪れると、その答えに満足し、サトシを『茂みの洞窟』に連れて行きました。

 

門番のヤングースとデカグースを倒したサトシの前に、通常の3倍は大きいデカグースが立ち塞がりました。(もちろん、オーラあり)

 

ピカチュウとモクローは、絶妙なコンビネーションで攻めますがまったく歯が立ちません。

 

ピカチュウをかばうようにモクローはやられますが、それがピカチュウの闘志に火をつけます。

 

『でんこうせっか』の乱舞を食らわせ、フラフラになったところを『10まんボルト』で仕留めました。

 

デカグースはサトシを認め、『ノーマルクリスタル』を渡します。ラッタたちも退治することを約束してくれました。

 

「ほう、デカグースがZクリスタルを渡すとは珍しい・・・」

 

ハラもまた、サトシの力を静かに認めていました。

 

その様子を、カプ・コケコは後ろでじっと見据えていました。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第9話『ぬしポケモンはデカグース!』の感想

ぬしポケモンのバトルより、注目すべきはキテルグマのご飯のあげ方です。

 

手につけたハチミツを『メガトンパンチ』級の勢いで、ロケット団たちの口の中に運びます。

 

もはや、首が吹っ飛んでもおかしくない映像でした。

 

あれが、鬼のハラのキテルグマでないことを祈るばかりです・・・。

 

さて、来週は第10話『出るかZワザ!大試練への挑戦!!』です、楽しみに▼

サン&ムーン第10話の感想

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク