※2017年6月21日にパラメータ修正が行われました。

 

ポケモンコマスターで使用するフィギュア『ライコウ』についての攻略記事です。

 

『ライコウ』の能力、評価、対策を紹介します。

 

スポンサーリンク

ライコウの能力

ID

233

タイプ

でんき

特性(※旧

ノンストップ
このポケモンは、ウェイト状態にならない。

特性(※新

ノンストップ
このポケモンは、ウェイト状態にならない。フィールドでは、『マヒ』またはウェイト状態のポケモンをすり抜けてMP移動してよい。

レア度

EX

MP

2

マテリアル

4000

入手方法

マテリアル

進化経路

なし

ルーレットのピース(※旧ピース)

ミス
大きさ 8
かみつく 50
大きさ 20
サンダーブロー 80
大きさ 24
かみつく 50
大きさ 20
ミス
大きさ 8
かわす
大きさ 16

ルーレットのピース(※新ピース)

ミス
大きさ 4
かみなり 110
大きさ 24
サンダーブロー※ 80
大きさ 24
※バトル相手と、バトル相手に連なるポケモンを『マヒ』状態にする(このポケモンを除く)。
かみつく 50
大きさ 24
ミス
大きさ 4
かわす
大きさ 16

スポンサーリンク

ライコウの評価や特徴

ライコウは、コマスターにおいて最も必要な特性を秘めています。

 

『ノンストップ』はウェイト状態にならないので、ベンチからサクサク移動させることができます。

 

これがどういう意味を持つかというと、ヤミカラスの『ふきとばし』、ルギアの『サイクロン』後のウェイト状態を無効にし、何度も彼らの前にブロックすることができるのです。

 

仮にライコウが3体いた場合、とんでもない現象が起こります。

 

倒す相手がライコウで、ポケモンセンターもすべてライコウが入っていた場合、倒しても倒してもライコウがノンストップで出てくるのです。

 

つまり、相手は攻撃を仕掛けてしまうと、進軍できなくなるのです。

 

最強の部類に入る金ワザ『サンダーブロー』も備えているので、ゴールを狙うアタッカーとしても最適です。

 

そして、ライコウが強化されたことにより、『マヒ』やウェイト状態のポケモンを通り抜けることが可能となりました。

 

『サンダーブロー』は相手を『マヒ』にできるため、ライコウはやられるまで止まらずに進むことができます。

 

オススメ拡張ピース

レベルアップによる拡張ピースは『かみなり110』がオススメです。

 

ライコウの最強ワザであるため、金ワザの『サンダーブロー80』よりも破壊力を選んだほうが勝率をあげることができます。

 

もちろん、『サンダーブロー80』も『マヒ』を狙えるため、デッキによっては考慮すべきワザでしょう。

 

オススメフュージョン

フュージョンで強化するダメージワザは『かみなり110』がオススメです。

 

ただし、幅広く対策したいと考えているのなら、『サンダーブロー80』でも大丈夫です。

 

何故なら、『プラスパワー』を使えばこちらも110ダメージを超えることができ、多くのポケモンを倒すことが可能となります。

 

プレートに依存したくない場合は、『かみなり110』が良いでしょう。

 

『サンダーブロー80』は金ワザなので、威力が低くても紫ワザ持ちを倒すことができるからです。

 

ライコウの対策

もっとも厄介なのは、『サンダーブロー』です。

 

レックウザの『しんそく』ほどではないにしても、金ワザ80ダメージは反則級です。

 

なので、紫ワザなどの小細工が通用しづらいポケモンです。

 

ただし、ダメージのみのピース構成こそ、ライコウの弱点でもあります。

 

高火力アタッカーなら、ライコウを高確率で倒すことが可能となります。

 

ポケモンコマスターの最強デッキ考察!現環境まとめ

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク