すべてのユーザーに当てはまるわけではありませんが、それでも相手のプレイングを見ているとだいたいの性格が分かってきます。

 

攻め方の癖を知ることもできるので、理解していればバトルに有利に働くかもしれません。

 

スポンサーリンク

初手から攻める

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

初手から攻める人は、バトルを早期に終わらせたいと考えているユーザーです。

 

チャンスがあればリスクを顧みず攻撃してくるので、番狂わせを狙われやすいです。

 

実は、初心者に多くありがちな傾向があります。

 

ただし、戦略的に初手から攻めることを考えているユーザーもいるため、一概に攻撃的な性格とは判断しづらいかもしれません。

 

とはいえ、相手のリスクが消えるわけではないので、人によっては相性が良いユーザーかもしれません。

 

序盤からプレートを使う

プレートは、相手の性格が最も現れるポイントです。

 

序盤からプレートを使うユーザーはかなりの慎重派です。

 

序盤はフィギュアが多いので、1体ぐらい負けたところで巻き返しはききます。

 

にも関わらず、プレートという保険を使うわけですから、慎重派という評価が妥当でしょう。

 

確かに、コマスターのバトルは運の要素がありますので、慎重になることは間違いではありません。

 

ただ、あまり固執すぎると貴重なプレートを無駄にしてしまいます

 

こうなると、後半で攻められて負けやすくなります。

 

同じ動作を繰り返す

ユーザーの中には、同じ動作を繰り返す人がいます。

 

例えば、序盤の膠着状態に入ったとき、ゴールキーパーをひたすら動かします。

 

1番驚きなのは、4VS4の状態で互いにゴールキーパーがいる時です。

 

この状態だと通路が1つ空くのですが、隣の通路にいるMP3をそこへ移動させ、次のターンで相手に塞がせたら、今度は元の通路に戻ることを繰り返したりします。

 

これはもう、負けず嫌いとしか言いようがありませんね。

 

もちろん、負けず嫌いは勝負事には必要な要素であり、強さの原動力になるものです。

 

ただし、熱くなり過ぎて自滅する場合もあります。

 

とくに、時間切れを狙われやすいタイプといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

コマスターを長くプレイしていると、色々なユーザーに遭遇します。

 

すでにチェックメイトしているのに、相手が投了するまで待つ方もいます。

 

そして、1番困りものなのは切断ですね。

 

切断は完全な迷惑行為となりますので、絶対にやめましょう。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク