2016年5月31日にパラメータが修正されます。

 

ポケモンコマスターで使用するフィギュア『オニスズメ』についての記事です。

 

『オニスズメ』の能力、評価、対策を紹介します。

 

スポンサーリンク

オニスズメの能力

ID

76

タイプ

ノーマル、ひこう

特性

なし

レア度

MP

3→

マテリアル

250

クエスト報酬

シャトー・ド・ローザ1階

アトランティス1階

パリス オリヴィア19階

ルーレットのピース

ミス
大きさ 20
つつく 40
大きさ 16
ミス
大きさ 16
とぶ ★★★
大きさ 44
このポケモンはバトル相手を飛び越えて、その隣りに移動する。

スポンサーリンク

オニスズメの特徴

この下に記載されている内容は、修正後は一切通用いたしません。

 

ただし、『とぶ』というワザが強いのは間違いありません。

 

相手の守りが薄い時に『とぶ』が成功すれば、確実にゴールを狙うことは可能です。

 

ポケモンコマスター最強の紫ワザ『とぶ』を持っている数少ないポケモンです。

 

M3の機動力を活かし、敵陣へグイグイ進軍できます。

 

さらに、相手ブロックポケモンを『とぶ』で飛び越え、序盤からゴールを狙えます。

 

バトルのベストな仕掛け方は、相手ポケモンが中央エリア『北西』か『北東』にきた時です。

 

エントリーポイントから中央エリア『西』『東』には、1ターンでたどり着きます。

 

バトルで『とぶ』ことができれば、相手のエントリーポイントを封鎖することができます。

 

さらに、ブロックポケモンから再度バトルを仕掛けられた場合、たとえ『とぶ』を引いたとしても移動する選択肢が2つあるので、後ろに下がる必要はなくなります。

 

この方法を後攻で用いれば、2ターンキルが完成するのです。(先攻の場合、3ターン)

 

ただし、それは相手ベンチにM3ポケモンがいないことが条件です。

 

関連記事

『とぶ』の必勝法と対策

 

相性の良いプレート

ゴールにチェックをかけているのなら、『ダブルチャンス』を使いましょう。

 

オニスズメの『とぶ』成功確率は40%強です。『ダブルチャンス』を保険として使うことにより、勝利確率がぐっと上がります。

 

オニスズメの対策

もっともやっていけないのは、正面からバトルを仕掛けることです。

 

飛ばれた場合、次のターンで敗北します。

 

バトルを仕掛ける場合は、必ず相手側の通路から仕掛けます。

 

しかし、序盤でそれは狙いづらいと思います。

 

でも大丈夫、その機会は相手から作ってくれます。

 

オニスズメの弱点ワザ

オニスズメの最大の弱点もまた、『とぶ』なのです。

 

飛ばれた次のターン、必然とオニスズメの後ろを取る配置になっているのです。

 

40%の確率で飛びますが、その場合は最初の位置に戻ることになるのです。

 

オニスズメの主力ワザの威力は40。繰り返していれば、必ず倒すことができるのです。

 

ただし、オニスズメのブロックに使うポケモンは注意が必要です。

 

ミスの多いポケモン、紫ワザの多いポケモンはオニスズメに対抗できません。

 

ブロックを厚くする

がっちりと警戒したい場合は、ブロックの後ろに援護ポケモンをつけます。

 

間隔なく置けば、オニスズメはこちらへ『とぶ』ことはできません。

 

また、あえて1マス開けておくと自滅を狙えます。

 

オニスズメが『とぶ』で自軍ポケモンの間に入った瞬間、『包囲』の対象となり『きぜつ』するのです。

 

最終手段は、ゴールにポケモンを置いてしまうことです。

 

こうすることで、オニスズメの個性である『とぶ』は完全に封じることができます。

 

フィギュア一覧に戻る

ランキングに戻る

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク