※2017年5月24日に特性効果の変更、およびパラメータ修正がありました。

※2018年2月1日に青ワザが変更となりました。

 

ポケモンコマスターで使用するフィギュア『ケルディオ』についての攻略記事です。

 

『ケルディオ』の能力、評価、対策、入手方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

ケルディオの能力

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

ID

130

タイプ

みず、かくとう

特性

せいぎのこころ
このポケモンの与えるダメージは、フィールドの相手の『あく』ポケモンの数だけ+10。

レア度

EX

MP

3

マテリアル

4000

入手方法

タイムトレボ

進化経路

なし

ルーレットのピース(※旧ピース)

かわす
大きさ 8
せいなるつるぎ 51
大きさ 32
ハイドロキック※ 40
大きさ 32
※バトル相手をベンチへ移動させる(バトル相手が気絶していた場合を除く。)バトル相手はウェイト。
かわす
大きさ 8
ミス
大きさ 16

ルーレットのピース(※新ピース1)

かわす
大きさ 8
せいなるつるぎ 51
大きさ 36
ハイドロキック※ 40
大きさ 32
※バトル相手をベンチへ移動させる(バトル相手が気絶していた場合を除く。)バトル相手はウェイト。
かわす
大きさ 8
ミス
大きさ 12

ルーレットのピース(※新ピース2)

ウォータージャンプ
大きさ 8
このポケモンは、2歩離れた場所へ移動してよい。その場合はウェイト。
せいなるつるぎ 51
大きさ 36
ハイドロキック※ 40
大きさ 32
※バトル相手をベンチへ移動させる(バトル相手が気絶していた場合を除く。)バトル相手はウェイト。
ウォータージャンプ
大きさ 8
このポケモンは、2歩離れた場所へ移動してよい。その場合はウェイト。
ミス
大きさ 12

スポンサーリンク

ケルディオの評価や特徴

ケルディオは、相手のポケモンによってダメージが上がるMP3ポケモンです。

 

『あく』ポケモンの数だけ+10となりますので、マニューラを3体入れているデッキには、大活躍するポケモンとなります。

 

現在でもゲッコウガは人気枠ですので、必ず+10にはなると考えてよいでしょう。

 

『ハイドロキック』なら、たとえ負けたとしても相手をベンチ送りにできるので、通路から進行される心配もありません。

 

オススメ拡張ピース

レベルアップによる拡張ピースは『ハイドロキック40』がオススメです。

 

『ハイドロキック40』は追加効果で相手をベンチ送りにできるため、非常に有効な白ワザです。

 

オススメフュージョン

フュージョンで強化するダメージワザは『せいなるつるぎ51』がオススメです。

 

特性でダメージが上がれば、格上のポケモンとバトルで勝つことも可能となります。

 

ケルディオの対策

ケルディオが1番怖いのは、自軍ゴールキーパーに『ハイドロキック40』をされることです。

 

ただし、ケルディオはMP3の中では火力が高いだけであって、他のフィギュアと比べると低火力です。

 

MP1ポケモンを突破するだけの力はないので、ブロックを通り越す術はないといえるでしょう。

 

ゴールにさえ近づけなければ、ケルディオは恐れるポケモンではありません。

 

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク