2016年9月27日に、ポケモンGOでサイレント修正が行われました。

 

いつもは能力の下方修正など、あまりユーザーのためにはならないものばかりでした。

 

しかし、今回はポケソースの変更や追加が行われたようです。

 

スポンサーリンク

ポケソースとは?

ポケソースとは、ポケモンが出現するポイントのことです。

 

ポケモンはフィールドの好きな場所に出てくるわけではなく、必ず決まったポイントにしか出現しません。

 

それをポケソースと呼びます。(ただし、非公式)

 

9月27日のサイレント修正

ポケソースの追加

サイレント修正された部分は、ポケソースの変更と追加です。

 

ポケソースが追加されたということは、ポケモンの出現する数が、その分増えたことを意味します。

 

地方でもこの現象が見られ、ポケモンの数が倍になったところもあるようです。

 

ただし、必ずしもすべての地域が追加されているわけではないようです。

 

たとえば、最初からポケストップジムがない場所では、依然として出現しないようです。

 

また、ポケソースのある場所が、必ずしも増えるわけではないようです。

 

特定の場所にのみ追加されたようです。

 

ポケソースの変更

ポケソースの変更により、出現するポケモンが変わった場所もあります。

 

『ポケモンの巣』と呼ばれる場所は、変更されているようです。

 

カブトの巣として有名だった『世田谷公園』は、ゼニガメの巣になっています。

 

ただし、変更されていない巣もあります。

 

不忍池のミニリュウの巣は、変わらず健在しているようです。

 

CPの低下

以前より、CP10などのポケモンが出やすくなったように感じます。

 

おそらく、『ポケモンGO Plus』の捕獲率が悪いと言われているので、全体の高CP出現率を下げたのかもしれません。

 

もちろん、CP500以上も出ますが、以前のように連続で遭遇しづらくなっています。

 

スポンサーリンク

ポケソース大幅追加と変更まとめ

このサイレント修正は、都会と田舎の格差を埋める大きな1歩だと思います。

 

ポケモンGOにおける都会と田舎の違いは、こちらの記事で詳しく紹介しています▼

都会と田舎の格差は本当なのか?東京と北海道を実地調査

 

この修正により、ポケモンとの遭遇率が確実にアップしました。

 

ただし、依然として出現しない場所には、ポケモンの姿はありません。

 

やはり、ポケストップの追加こそ、本当の意味での格差を埋めることに繋がるのだと思います。

 

今後のアップデートに期待しましょう。

 

ポケモンGOのトップページに戻る

スポンサーリンク