ポケモンGOにおいて、初めてのアップデートが7月31日に行われました。

 

しかし、その頃から、あちこちで噂が立ち始めていました。

 

スポンサーリンク

アップデート後、捕獲率が下がった

CPが10~30ぐらいのポッポやビードル、コラッタがまったく捕まらないというSNSの言葉が飛び交うようになりました。

 

確かに、100以上ならCPのせいかな?と思い過ごしでやり過ごすことができますが、CP2桁だと話は違ってきます。

 

また、その他のポケモンたちも捕まりづらくなっており、モンスターボールの消費量が先週よりも圧倒的に多くなっていました。

 

それを疑問に思うトレーナーの数は多くなり、次第に噂が事実となりつつありました。

 

スポンサーリンク

ポケモンGOの公式ツイッターでバグを発表

そして、8月5日。ついに公式が捕獲率について発表を出しました。

 

なんと、バグによる不具合のせいで、捕獲率が下がっていたというのです。

 

現在はその修正作業を行っており、完了でき次第、再びアップデートを行うようです。

 

改善されることになったのは良いことですが、トレーナーの中にはモンスターボールの消費について不満の声もあるようです。

 

もう少しでリリースから2週間となりますが、ポケモンGOは1度もログインボーナスなどの処置を取ったことはありません。

 

もしかすると、アメリカの企業ではそういう発想がないのかもしれません。

 

しかし、ポケモンカンパニーさんや任天堂さんも提携しているアプリである以上、そろそろログインボーナスなどの特典をつけるべきかもしれません。

 

スポンサーリンク