ポケモンGOで金銀のポケモンが出現するようになりました。

 

それはつまり、進化経路も解放されたことを意味します。

 

そして、今もっとも話題に挙がっている最強のポケモンがハピナスとなります。

 

スポンサーリンク

ハピナスのCPや能力

ハピナスのCPは3219もあります。

 

シャワーズのCPが3157、ギャラドスが3281となりますので、いかに高CPであるかは一目瞭然です。

 

これで『こうげき』と『ぼうぎょ』が弱いなら、まだ救いがあったのですが、残念ながら進化したことにより強化されています。

 

『こうげき』が129、『ぼうぎょ』が229となり、HPに至ってはポケモン内で最強となります。(最大HP510)

 

この『こうげき』の値は、通常攻撃は微力ですが、ゲージ技ならそこそこのダメージを与えられるので、避ける必要がでてきます。

 

しかし、避けてしまうとタイムロスとなります。

 

『ぼうぎょ』の値は、ポケモン内で15位(251匹のうち)となりますので、とにかく鉄壁です。

 

ダメージ覚悟で攻撃しなければ、タイムアップで負けてしまう可能性も出てくるのです。

 

対策ポケモン

まず、相手ハピナスと同CP以上でなければなりません。

 

CPが低ければ低いほど、タイムアップの可能性が出てきてしまいます。

 

次に、『ノーマル』『エスパー』に耐性がある『タイプ』が良いでしょう。

 

ハピナスの通常技は『はたく』『しねんのずつき』で、ゲージ技が『はかいこうせん』『サイコキネシス』だからです。

 

もちろん、『マジカルシャイン』もありますが、通常攻撃ダメージのほうが蓄積しやすいので、やはり『ノーマル』『エスパー』のどちらかの耐性があると良いです。

 

これらの理由から、サイドンがもっとも適しています。

 

サイドンは最大CP3300であり、『いわ』によって『ノーマル』を軽減できます。

 

通常技が『いわくだき』なら、効果抜群も狙えます。

 

もちろん、カイリキーやカイリューなどでガンガン攻撃することでも倒せますが、どちらも弱点を突かれる可能性があります。

 

なので、対策ポケモンに選ぶのは、攻撃力が高く、ハピナスの技を軽減できるものが最適となります。

 

とにかく、CPの差だけは補う必要があります。

 

最強の対策方法

ハピナスを倒すことができなければ、そのジムを破壊することは不可能です。

 

ハピナスがいるだけで敵はおろか、味方でさえ近づきません。

 

トレーニングをしたくても、倒せるかどうか分からないハピナス相手に攻撃するのは、『きずぐすり』の無駄遣いになるからです。

 

ただし、相手のチームのハピナスなら、タイムアップの危険性を回避する方法があります。

 

それは、2人以上で協力してジムを攻撃することです。

 

どれほど耐久性が高いポケモンであっても、複数攻撃に耐えられるポケモンなどいません。

 

スポンサーリンク

まとめ

まだ金銀の実装から日が浅いので、そこまでハピナスの数は多くありません。

 

しかし、あと2週間もすれば、ジムはハピナスだらけとなることでしょう。

 

なので、必ず1匹はハピナス対策のポケモンを所持しておきましょう。

 

とはいえ、ここまで脅威だとサイレンス修正の対象となることは必至かもしれません。

 

関連記事

ポケモンGO攻略トップページ

ポケモンGOで捕獲クリティカル実装!ボールが1回しか揺れないのに入る現象の発生条件は?

スポンサーリンク