サンムーンで登場する『ガブリアス』の育成論記事です。

 

厳選後の技や道具、特性を考察することで、対策にも応用できます。

 

スポンサーリンク

アローラ図鑑

240(445)

分類

マッハポケモン

高さ

1.9m

重さ

95.0kg(けたぐり80)

入手方法

ハイナさばくエリア1のポケモンが仲間を呼んだときに来るガバイトをゲットし、レベル48にする。

タイプ

じめん、ドラゴン

タイプ弱点

ドラゴン×2、フェアリー×2、こおり×4

タイプ抵抗

ほのお×0.5、いわ×0.5、どく×0.5、でんき×0

特性

すながくれ(『すなあらし』状態のとき、回避率が上がる)

隠れ特性

さめはだ(直接攻撃を受けると、相手の最大HPの1/8のダメージを与える)

種族値

HP     108

こうげき  130

ぼうぎょ  95

とくこう  80

とくぼう  85

すばやさ  102

Lv.50の6V実数値(いじっぱり)

HP     183

こうげき  165

ぼうぎょ  115

とくこう  90

とくぼう  105

すばやさ  122

Lv.50の6V実数値(ようき)

HP     183

こうげき  150

ぼうぎょ  115

とくこう  90

とくぼう  105

すばやさ  134

覚える技(サンムーン)

00 かみくだく

00 ダブルチャンス

00 ほのおのキバ

00 たいあたり

00 すなかけ

00 りゅうのいかり

00 すなあらし

03 すなかけ

07 りゅうのいかり

13 すなあらし

15 とっしん

19 すなじごく

28 きりさく

33 ドラゴンクロー

40 あなをほる

55 ドラゴンダイブ

進化時に覚える技(サンムーン)

かみくだく

わざマシン(サンムーン)

02 ドラゴンクロー

05 ほえる

06 どくどく

10 めざめるパワー

11 にほんばれ

15 はかいこうせん

17 まもる

18 あまごい

21 やつあたり

26 じしん

27 おんがえし

31 かわらわり

32 かげぶんしん

35 かえんほうしゃ

37 すなあらし

38 だいもんじ

39 がんせきふうじ

40 つばめがえし

42 からげんき

44 ねむる

45 メロメロ

48 りんしょう

54 みねうち

56 なげつける

59 ぶんまわす

65 シャドークロー

68 ギガインパクト

71 ストーンエッジ

75 つるぎのまい

78 じならし

80 いわなだれ

82 ドラゴンテール

84 どくづき

87 いばる

88 ねごと

90 みがわり

94 なみのり

100 ないしょばなし

人から教えてもらう技(サンムーン)

りゅうせいぐん

タマゴ技

りゅうのいぶき

げきりん

たつまき

こわいかお

すてみタックル

あばれる

メタルクロー

すなじごく

のしかかり

アイアンヘッド

マッドショット

ロッククライム

アイアンテール

スポンサーリンク

ガブリアス厳選・育成論

ガブリアスは、『ドラゴン』タイプの中で、もっとも採用されるポケモンです。

 

全ポケモンを範囲にしても、レーティングバトルでトップ10に入る人気ポケモンです。

 

種族値のバランスが最良であり、耐久性がそこそこある上に『すばやさ』が高いのが最大のメリットです。

 

『でんじは』で『すばやさ』を封じられない点も優れています。

 

唯一、弱点があるとすれば、あまりに人気があり過ぎて、覚える技や対策を誰もが知り尽くしていることでしょう。

 

性格は『ようき』

ガブリアスは『すばやさ』が命であり、『ようき』の型がもっとも多く、そして安定しています。

 

『いじっぱり』を採用するのなら、道具で『すばやさ』を強化する必要があります。

 

技は『じしん』『いわなだれ』『どくづき』

タイプ一致の『じしん』こそ、ガブリアス最大のウェポンといえるでしょう。

 

サンムーンの環境ではカプ・コケコをよく見かけるので、ガブリアスはパーティに合わせやすいです。

 

ガブリアスは、大抵のポケモンなら先制攻撃できるので、『いわなだれ』で『ひるみ』を狙うことも可能です。

 

また、かつては『フェアリー』対策に『アイアンヘッド』を覚えさせる方が多くいましたが、カプシリーズの登場もあり、『どくづき』のほうが結果を出しやすくなっています。

 

相手の動きを読めるのなら、ここぞという時に『つるぎのまい』を積むことができれば、勝利はほぼ確定したも同然です。

 

持ち物は『ゴツゴツメット』『ラムのみ』

正直、ガブリアスは何を持たせても大丈夫です。

 

昔から愛されているのは、『さめはだ』+『ゴツゴツメット』の物理アタッカー封じです。

 

『やけど』を警戒するなら、『ラムのみ』が適切です。

 

『ラムのみ』は『げきりん』後の『こんらん』も回復できるので、ガブリアスとの相性はバッチリです。

 

特性は『さめはだ』

ガブリアスの隠れ特性は『さめはだ』です。

 

『すながくれ』は癖があるので、どんな状況でも合わせやすい『さめはだ』が便利です。

 

ガブリアス対策

ガブリアスは特殊攻撃に弱いので、特殊型の採用は欠かせません。

 

また、『ドラゴン』タイプ共通の弱点『こおり』なら、一撃で倒すことが可能です。

 

『こおりのつぶて』なら、鈍足アタッカーでも先制攻撃して倒すことができるでしょう。

 

『おにび』で、物理ダメージを封じることも良いでしょう。

 

スポンサーリンク