2018年9月30日に放送されたポケんち第154回の内容と感想の記事になります。

 

今回は、ユリーリエ(八橋由理)が3回目の登場です。

 

ユリーリエについては、こちらの感想をご覧ください▼

【ポケんち】第108回の感想!ポケセンのトーキョーベイ大会で準優勝の女の子登場

【ポケんち】119回の感想!ユリーリエ(ポケだち)と再びバトル

 

スポンサーリンク

にこるんがクリンちゃんのアフレコに挑戦

『出典・ポケモンの家あつまる?公式サイト』

 

藤田ニコルさんが、人生初となるアフレコに挑戦します。

 

役柄は、ピカチュウの谷のアイドル的存在のクリンちゃんです。

 

最初は緊張気味のにこるんでしたが、徐々にピカチュウ語にも慣れてくると、監督たちも納得の声でアフレコを終えることができました。

 

藤田ニコルさんが声優を務めたクリンちゃんは、10月7日の放送で登場します。

 

ユリーリエVSヒャダイン(ダブルバトル)

ユリーリエこと八橋由理さんは、PWCS2018年でトップ5、PJCS2018年ジュニアカテゴリでは1位となり、その実力が本物であることが明らかとなりました。

 

実は、シングルよりもダブルのほうが得意ということで、ヒャダインさんとダブルバトルで戦うことになります。

 

1ターン目

ユリーリエはラグラージカプ・コケコ(いくさがみ)、ヒャダインさんはバンギラス(サンポウさん)、色違いのカプ・コケコを繰り出します。(すなおこし発動)(エレキメイカー発動)

 

ラグラージはメガシンカします。

 

色違いのカプ・コケコは『マジカルシャイン(+いのちのたま)』で、メガラグラージのHP7/10、カプ・コケコのHP4/10にします。

 

カプ・コケコはボルトチェンジで色違いのカプ・コケコを5/10にし、ニョロトノと交代します。(あめふらし発動)

 

メガラグラージは『ばかぢから』で、バンギラスを一撃で倒します。

 

バンギラスの代わりに、ボーマンダ(ボーマンだあ)が登場します。

 

2ターン目

メガラグラージは交代し、ガオガエン(ニャンたろう)が登場します。(いかく発動)

 

ボーマンダはメガシンカし、『じしん』でガオガエンをHP6/10にします。

 

ニョロトノカプ・コケコは『まもる』を使っていたので、『じしん』のダメージはなくなります。

 

3ターン目

ニョロトノは戻り、代わりにメガラグラージが登場します。

 

ガオガエンは『ねこだまし』で、色違いのカプ・コケコを封じます。(HP1/10)

 

メガボーマンダは『げきりん』でガオガエンを攻撃しますが耐えられてしまい、『マゴのみ』で6/10まで回復されてしまいます。

 

4ターン目

メガラグラージは『れいとうパンチ』で、メガボーマンダを一撃で倒します。

 

色違いのカプ・コケコは『くさむすび』で、メガラグラージを倒します。

 

ガオガエンは『とんぼがえり』で、色違いのカプ・コケコを倒します。

 

そのため、最後の残りポケモンであるアーゴヨンVSニョロトノ・カプ・コケコ(控えにガオガエン)という形になりました。

 

5ターン目~ラスト

アーゴヨンを倒せる技がユリーリエ側にないため、ガオガエンまでは倒すことができました。

 

しかし、最後はニョロトノの『てだすけ』からカプ・コケコの『10まんボルト+いのちのたま』でアーゴヨンが倒されてしまいます。

 

よって、ユリーリエの勝利となりました。

 

スポンサーリンク

ポケんち第154回の感想

なかなか見ごたえのある試合でしたね。

 

もともと強い選手だと思ってはいましたが、年々その実力が増しているようです。

 

大人になっても、ぜひポケモンを続けて欲しいものですね。

 

さて、来週は超新星が登場します、お楽しみに。

 

ポケんち一覧に戻る

スポンサーリンク